>>>「家を安く建てる7つの基本」はこちら

注文住宅と建売住宅どっちを選ぶ?向いてる家がわかる7つの特徴を解説

注文住宅と建売住宅どこが違うのだろう。

家の購入を検討されている人は、一度は注文住宅にするのか建売住宅にするのか悩みを抱えるかと思います。

そこで今回の記事では「注文住宅に向いている人」と「建売住宅に向いている人」のそれぞれの特徴をまずはじめにお話しし、次に建物としての「注文住宅の特長」と「建売住宅の特長」についてお話ししていきます。

注文住宅を建てるのか、それとも建売住宅を購入するのかを悩んでいる人は、是非今回の記事を読んでいただいて、それぞれの違いをつかんでいただき、あなたにあった、よりいい家を購入してください。



注文住宅に向いている人の特徴

建売住宅と比べた場合、注文住宅に向いている人は住居に対して下記のような考え方をもっている人だと思います。

【建売住宅よりも注文住宅に向いている人】

1:間取り(空間のとり方)は自由に決めたい
2:デザインや素材、設備にこだわりたい
3:入居するまで時間がかかっても問題ない
4:面倒な打ち合わせも苦にならない
5:予算をある程度確保できる
6:すでに土地を所有している
7:自分で選んだ土地に家を建てたい
8:金融関係の知識に長けている

注文住宅に向いている人の特徴1:間取り(空間のとり方)は自由に決めたい

間取りは人に任せるのではなく、自分で自由に決めたいと思っている方は注文住宅に向いていると言えます。

間取りとは家の中での「空間のとり方」のことを言いますが、注文住宅であれば、設計士と相談の上、そこに住う家族のライフスタイルに合わせて、自由に家づくりをしていくことができます。

>>>あなたは勘違いしていない?注文住宅で失敗しないために心得ておいていただきたいこと

注文住宅か建売住宅家を突き詰めて考えると、家族にあわせて間取りをつくりたいのか、それとも家族の生活を既存の間取りに合わせていくのかの違いになります。

注文住宅に向いている人の特徴2:デザインや素材、設備にこだわりたい

家の外観デザインから内装、それに壁紙などの仕上げ材にこだわりがある方は注文住宅に向いていると思います。

注文住宅を建てる魅力は、建築基準法や自治体の定めるルールの範囲内であれば、自由に設計ができるところにありますから家の外観から内装、それに住宅設備機器に至るまで、自由に決めていくことができます。

>>>注文住宅って何?依頼する前に知っておきたいイマドキの注文住宅の3つのタイプとは

注文住宅に向いている人の特徴3:入居するまで時間がかかっても問題ない

注文住宅はそこに住まう家族のライフスタイルに合わせて住まいの間取りを検討していく家ですから、依頼から入居するまでにはタイムラグが生じ、早くても6ヶ月、依頼先によっては入居まで1年以上必要になることもあります。

そのため、すぐに家が必要な人ではなく、ある程度、時間的に余裕がある人向けの家だと家います。

>>>失敗しない注文住宅を建てるための家づくりの流れと、成否を分ける2つのポイント

注文住宅に向いている人の特徴4:面倒な打ち合わせも苦にならない

間取り設計中は、設計士との打ち合わせが頻繁に必要になります。

たとえ、間取りを自由に決めたいから注文住宅を選んだとしても、この作業を面倒に感じる方も多く、一つ変更するだけで全体的に大幅な変更が必要になったりと、途中で投げ出したくなることもあるでしょう。

そうした家を建てるためなら、面倒な打ち合わせを苦としない、または忍耐がある方は注文住宅は向いていると思います。

そして、一つ変更するだけで、大幅な変更が必要となることもあり、それに伴い予算が大きく変わっていきます。

>>>家を安く建てる方法とコストダウンの7つの基本

注文住宅に向いている人の特徴5:予算をある程度確保できる

注文住宅は、建売住宅よりも予算の確保が必要になります。

建売住宅では、土地と建物をセットで販売していますが、注文住宅では建物にかかる費用だけではなく、土地取得に関わる費用も別に必要となるからです。

また家はこだわればこだわるほど、グレードをあげればあげるほど価格が高くなっていきますから建売住宅よりも大きな予算が必要になります。

さらに注文住宅では打ち合わせを進めるうちにあれもこれもとオプションとして追加していくことも多く、当初の予算をオーバーしがちです。

>>>こだわりの家づくりの26のオプションとそれにかかる費用と特徴

ですから住居に対して特別なこだわりがあり、かつ予算をある程度確保できる余裕のある方は注文住宅を選ぶと満足のいく家を建てる、つまりは理想の家づくりができると思います。

注文住宅に向いている人の特徴6:すでに土地を所有している

すでに家を建てるための土地を所有している方も注文住宅に向いています。

土地の価格は立地によって大きく異なりますが、土地は安くても数百万円、高いものですと数千万円することもあります。

親から譲り受けた土地に家を建てる場合であったり、すでに土地がある方は、そこに家を建てるのであれば建売住宅と同じ予算感でもこだわりの詰まった家を建てることができます。

もちろんその他、ここであげたような、注文住宅にかかわる問題をクリアできればの話です。

注文住宅に向いている人の特徴7:自分で選んだ土地に家を建てたい

家族が住む家は、どうせなら気に入った土地に建てたい方も注文住宅に向いていると言えます。

注文住宅では土地探しから始められ、建築基準法や法規の問題をクリアできれば、建てたい土地に好きなデザインの家を建てることができるからです。

>>>建築家や設計事務所に注文住宅の家づくりを依頼する注意点と2つのポイント

注文住宅に向いている人の特徴8:金融関係の知識に長けている

注文住宅では建売住宅よりも大きな金額が動くことになりますから、住宅ローンを組む場合、定期的な住宅ローンの見直しが必要となります。

利率の関係でローンの組み方なども見直す必要があったりと、金融関係にアンテナを張っていたり、金融関係の知識に長けている方は注文住宅に向いていると思います。

>>>はじめてでもわかる!住宅ローンの基本と、総返済額を抑えるための4つのポイント

また土地をローンを組んで取得する場合、土地を取得してから建物を建てるまで期間が開くことがあり、そうしたケースではつなぎ融資が必要になります。

>>>知って得してスッキリ解消!土地購入時のつなぎ融資と住宅ローン分割実行の疑問点を解消します

そうした複雑に感じやすいローンをクリアできる方も向いていると言えます。

注文住宅に向いている人の特徴のまとめ

デザインや間取り、住宅設備機器に至るまで出来るだけ細かい部分まで決めたいという人は注文住宅を選ぶといいと思います。

また、どうせそこに居を構えるなら気に入った土地に家を建てたいという方も注文住宅向きの方と言えます。

ただし家を建てるとなると担当者との打ち合わせが何度も必要になり、その分、休日の時間を家づくりに充てなくてはならなくなります。

注文住宅を建てるとなると、家づくりに関する悩みや、予算のこと、土地がない状態であれば土地探しもしなければなりません。

さらに入居するまでの期間も6ヶ月から1年以上要することもあります。それは住居に対してこだわりがある人でないとなかなか難しいと言えます。

つまり、注文住宅に向いている人とは、総じて住居に特別なこだわりがある人向けの家ということになります。

手間隙を惜しまずに、住まいに対してこだわっていきたいという方は注文住宅を選択すると満足のいく家づくりができると思います。

建売住宅に向いている人の特徴

次に建売住宅に向いている人の特徴についてお伝えしていきます。

注文住宅と比べた場合、建売住宅に向いている人は住まいに対して下記のような考え方をもっている人だと思います。

【注文住宅よりも建売住宅に向いている人】

1:間取り(空間のとり方)にこだわりがない
2:デザインや素材、設備は全てプロに任せたい
3:すぐに入居できる家が欲しい
4:設備や仕様などの打ち合わせが面倒
5:安価で新築の一戸建てが欲しい
6:住みたいエリアに建売として販売されている
7:土地と建物はセットで購入したい
8:将来的に家を売却、または建て直しを検討している

>>>建売住宅って何?購入前に知っておきたい建売住宅に関わる3つの会社

建売住宅に向いている人の特徴1:間取り(空間のとり方)にこだわりがない

まず、空間のとり方(間取り)に特別なこだわりがなく、面倒な間取りは全てプロの設計士にまかせたいという方は建売住宅が向いていると思います。

注文住宅を建てるときは、必ず設計士と細かいところまで打ち合わせをする必要がありますが、建売住宅であれば規格型住宅のような形で販売するケースであっても、最小限の選択で家づくりを進めていくことができます。

※建売住宅はすでにその土地に建築されているケースもありますが、土地だけが決まっており、これからその土地に指定された住宅会社で建てるという形をとっている建売住宅もあります。これを建築条件付きの建売住宅と言います。こうした土地だけが決まっているケースの場合は、建築前に簡単な打ち合わせをしてクロスなどの仕上げ材やキッチンなどの設備、それに簡単な間取りの変更もできるケースがあります。変更できる内容は住宅会社によって違いますが、いずれにせよ、限られた選択肢の中から変更することとなり、大きく変更することは難しいものと思ってください。

建築条件付きの土地については「家づくりで安くて良い土地探しのコツと、土地にかかるお金の話」で解説しています。

建売住宅に向いている人の特徴2:デザインや素材、設備は全てプロに任せたい

デザインや素材、住宅設備機器などの難しいことは、よくわからないので、全てその道のプロにまかせたいという方は建売住宅が向いていると思います。

注文住宅では細部に至るまで、一つ一つ設計士と打ち合わせをしながら指定していていかなくてはなりませんが、建売住宅であれば、その手のことは全て家づくりのプロである専門家に委ねることができます。

建売住宅に向いている人の特徴3:すぐに入居できる家が欲しい

とにかく、すぐに入居できる家が欲しいという方も建売住宅が向いていると言えます。

建売住宅は、すでに建物が建っていてすぐにても入居可のケースが多いですから、家の購入後すぐにそこに住むことができます。

(注文住宅では土地が決まっていても半年から1年くらいの期間を要します)

>>>家づくりで知ってトクする4種類の住宅タイプとそれぞれの特徴

建売住宅に向いている人の特徴4:設備や仕様などの打ち合わせが面倒

家を購入するのに、いちいち打ち合わせなんかしてられないよ、打ち合わせなんかしている時間的な余裕なんてないよという方も建売住宅に向いていると言えます。

一棟家を建てるとなると、決めることは本当に多く、今あなたが想像しているよりも細部に至るまで検討する必要があります。

そのため、休日の時間は全て家づくりに充てるなど、時間的に非常に余裕のない生活が続くこととなります。

住まいにそこまで特別なこだわりはないし、かといってマンションよりも一戸建てがいい、よくわからないことは全てプロに任せたいという方は建売住宅が向いていると言えます。

建売住宅に向いている人の特徴5:安価で新築の一戸建てが欲しい

建売住宅は家を購入するための費用が、注文住宅と比べて安くなります。

一般的に多く見られる規模の住宅でも平均的に1,000万円くらい金額が違ってくると思います。

また、注文住宅を建てるには、土地と建物が必要になり、土地と建物の予算を分けて検討する必要がありまし。

そのため注文住宅ではトータルで見たときの総費用が高くなってしまいがちですが、建売住宅では安く住宅を購入することができます。

>>>【建売住宅は安くなる】建売住宅の購入で損をしないために購入する前に注意すべきポイント

建売住宅に向いている人の特徴6:住みたいエリアに建売として販売されている

住みたいエリアや土地探しをしている近くのエリアに建売住宅として家が販売されている時も建売住宅が選択肢に入ると思います。

タイミングによっては、先に述べた規格型の建売住宅で、ある程度間取りや住宅設備機器を自由に決められることもありますし、場合によっては非常にお得に住宅を購入できることもあるからです。

建売住宅に向いている人の特徴7:土地と建物はセットで購入したい

土地と建物はセットで購入したいという方も、建売住宅に向いている人です。

注文住宅では、土地と建物は別々に購入する必要があり、それに伴い面倒なことも増えてしまいますが、建売住宅では、土地と建物がセットで購入できるため、一戸建て住宅取得に対する煩わしさから解放されることができます。

建売住宅に向いている人の特徴8:将来的に家を売却、または建て直しを検討している

とりあえずの住まいとして家を構え、家を将来的に売却したり、建て直しを検討している方はも建売住宅に向いている方だと思います。

間取りが気に入らなくても、子供が大きくなったり手狭に感じるまでは、そこに住み、将来的に売却、またはその土地が気に入り、その土地に新たに家を建て直そうと検討している方は、建売住宅を購入が選択肢に入ると思います。

建売住宅に向いている人の特徴のまとめ

特に間取り(空間のとり方)にこだわりがなく、デザインや素材、住宅設備機器に至るまで、住まいの専門の人に全て委ねた家を取得したいという方は建売住宅を選ぶといいと思います。

面倒な打ち合わせをする必要がない分、家づくりに関する面倒なことに悩むことも無くなりますし、土地と建物も同時に取得できるため注文住宅と比べて面倒がありません。

最近では、規格型住宅に近い建売住宅を販売することもあり、家を建てる前の状態であるなら、間取りをある程度変更できると言った建売住宅もあります。

建築されている建売住宅なら購入後すぐに入居が可能ですし、住みたいエリアや建築を予定しているエリア内に建売住宅が販売されているのであれば、建売住宅の購入が選択肢に入ると思います。

もしも家や住まいに対して特別なこだわりがないのであれば、浮いた予算で旅行などを楽しむこともできるので、そうしたライフスタイルを望んでいる方は住まいに比率をおかず、建売住宅を購入するという選択肢が自然と生まれると思います。

つまり、住まいに対して特別なこだわりはなく、家を所有することに魅力を感じていたり、将来的に売却したり、建て直しを検討されている方は建売住宅に向いている人になります。

まとめ

今回の記事では注文住宅に向いている人と建売住宅に向いている人の特徴や違いを比較してお伝えしてきました。

まとめると注文住宅に向いている人とは下記の通りです。

【建売住宅よりも注文住宅に向いている人】

1:間取り(空間のとり方)は自由に決めたい
2:デザインや素材、設備にこだわりたい
3:入居するまで時間がかかっても問題ない
4:面倒な打ち合わせも苦にならない
5:予算をある程度確保できる
6:すでに土地を所有している
7:自分で選んだ土地に家を建てたい
8:金融関係の知識に長けている

また建売住宅に向いている人は下記の通りです。

【注文住宅よりも建売住宅に向いている人】

1:間取り(空間のとり方)にこだわりがない
2:デザインや素材、設備は全てプロに任せたい
3:すぐに入居できる家が欲しい
4:設備や仕様などの打ち合わせが面倒
5:安価で新築の一戸建てが欲しい
6:住みたいエリアに建売として販売されている
7:土地と建物はセットで購入したい
8:将来的に家を売却、または建て直しを検討している

注文住宅を選ぶか、建売住宅を選ぶのかはそれぞれご家族によって様々だと思いますが、大事なことはその住まいであなたの理想とする生活がおくれるかということだと思います。

人によってそれぞれ住まいに求めるものは違うと思いますが、それぞれのご家族にとってそれが一つの選択肢であるということは変わりません。

是非ライフスタイルに合わせて、あなたにとって最適な家を購入し、そこで大切な暮らしを営んでいってもらえたらと思います。



Facebook にシェア
[`evernote` not found]