1. TOP
  2. インテリア デザイナーズ家具
  3. 一体どうなっているのか気になって仕方がない、ハサミから着想を得たハサミのように雑誌を挟むマガジンラック「scissors」

一体どうなっているのか気になって仕方がない、ハサミから着想を得たハサミのように雑誌を挟むマガジンラック「scissors」




やはりいつみても、佐藤オオキ氏率いるnendoのデザインする作品は素晴らしいですね。今回紹介するのは何の変哲もないマガジンラックなのですが、一見すると普通のマガジンラックにみえながらも、ちょっとした工夫を施し新たなデザインのマガジンラックとして生まれ変わっています。

なんと、はさみから着想を得てこのマガジンラックを思いついたとのこと。

ハサミのように雑誌を挟む マガジンラック

上の写真はラフスケッチ。はさみのように雑誌を収納できるマガジンラックはできないだろうかというところがそもそもの発端のようです。

ハサミのように雑誌を挟む マガジンラック

そして出来上がったのがこちらのマガジンラック。

マガジンラックと言うよりかはなんというかふすまのような・・・そもそもマガジンラックには見えませんね。

一体どうやって使うのかというと・・・

ハサミのように雑誌を挟む マガジンラック

上の写真のようにして本を挟み込むようにして使います。

仕組みは単純で、実はこのマガジンラック斜めにかけられたスチール製のフラットバーが前後方向にわずかにずれて配置されておその隙間に雑誌を固定することができるというもの。

ハサミのように雑誌を挟む マガジンラック

左が雑誌を固定したもの、右が雑誌をマガジンラックにのせていない状態のもの。どちらの状態でもインテリアとしてお部屋に飾ればとてもはえそう。

ハサミのように雑誌を挟む マガジンラック

アップにしてみるとこんな感じ。遠くからみるとひとつの線としてみえますが近くでみると確かに前後にわずかにずれています。

ハサミのように雑誌を挟む マガジンラック

雑誌をのせるとこんな感じ。

こんなおしゃれなマガジンラックなら、どんどん雑誌をのせたくなってしまいます。素敵です。

関連記事:

円形の扉を「転がして」使う棚「rotating-glass shelf」 | ONE PROJECT

イタリアの老舗ガラスメーカー「GLAS ITALIA(グラスイタリア)」とnendoが協業して出来た、深海のような奥行き感をもつ棚「deep-sea」 | ONE PROJECT

合計80本の線で出来た本棚「rain」 | ONE PROJECT

人間の背骨にインスピレーションを受けてつくった本棚にもなるテーブル「communication」テーブル | ONE PROJECT

インテリアデザイナー小泉忍による弦で出来たスタイリッシュな収納ラック「弦のCDラック」 | ONE PROJECT

参考:

scissors | nendo




Facebook にシェア
[`evernote` not found]