1. TOP
  2. アート・デザイン
  3. 積雪のテーブルなど雪が降り積もったかのようなデザイン3つ。小泉忍デザイン事務所の雪の思いでシリーズ

積雪のテーブルなど雪が降り積もったかのようなデザイン3つ。小泉忍デザイン事務所の雪の思いでシリーズ




塩とエポキシ樹脂、それにポリスチレンを素材に使用した雪が降り積もったかのような テーブル、文鎮、一輪挿しがあります。

このシリーズは雪の思いでシリーズと呼ばれ、人々にもたらされる様々な「体験」をデザインすることをテーマに、空間、家具、プロダクトなどの提案を行なう小泉忍デザイン事務所の小泉忍氏により、デザインされたものです。

雪の思いでシリーズ

上の写真の左から”雪玉の文鎮”、”雪だるまの一輪挿し”、”積雪のテーブル”となっています。まるで本当の雪のよう。

「ゆきがずうっととけなかったらいいのになあ。それならへやにもってかえって、かざっておけるもの。」という思いでこの雪の思いでシリーズはデザインされたようです。

雪の思いでシリーズ2

まずはこちら”雪だるまの一輪挿し”からです。腕のかわりにペンや花を挿しておく雪だるまだそうです。

素材に使われているのは塩、エポキシ樹脂、ポリスチレン、試験管でサイズはW120xD120xH200とのこと。

雪の思いでシリーズ3

上の写真のように雪だるまの手の部分にペンや花などを入れます。

雪の思いでシリーズ4

近くからみても本物の雪と遜色ありません。

雪の思いでシリーズ5

つづいてこちら、”雪玉の文鎮”です。溶けないので紙にのせておもしにすることができる雪玉だそうです。

雪の思いでシリーズ6

素材は塩、エポキシ樹脂、ポリスチレン、おもり。サイズはW60xD60xH60です。

雪の思いでシリーズ7

机の上に置いておくだけでもとってもかわいいですね。

雪の思いでシリーズ8

最後に”積雪のテーブル”。素材は塩、エポキシ樹脂、ポリスチレン、木工で、サイズはW310xD310xH955 (730)と表記されています。

雪の思いでシリーズ9

テーブルに積もった雪はフタになっており、小物をしまうことができるようです。

雪の思いでシリーズ10

中は空洞となっているようです。

雪の思いでシリーズ

見た目はふわふわしてとっても気持ち良さそう。もちろん本物の雪ではありませんのでフワフワ感はありません。

雪の思いでシリーズ12

最後に手袋に降り積もった雪。

幼い頃の思い出を思い出させてくれる作品ですね。

関連記事:

インテリアデザイナー小泉忍による弦で出来たスタイリッシュな収納ラック「弦のCDラック」 | ONE PROJECT

砂時計の中の流れる砂が静止したまま取り出され、空間に固定されたコーヒーテーブル「moment」 | ONE PROJECT

開ける引き出しの数によって部屋に彩りを与え幻想的な空間をつくりだす、おしゃれなサイドボード「光のひきだし」 | ONE PROJECT

参考:

Works, Shinobu Koizumi

shinobu koizumi’s useful snow-like objects won’t melt away




Facebook にシェア
[`evernote` not found]