1. TOP
  2. インテリア デザイナーズ家具
  3. 平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」




京金網の起源は平安時代にまでさかのぼるといわれており、京料理を支える調理道具として長らく愛用されてきました。そんな京金網を手がける金網つじとnendoがコラボレーションし、生み出されたのが今回紹介するbasket-container。

basket-container_sketch

ひとつひとつ丁寧に曲げ加工されたバスケットをフレームで支えることによって狭い空間でも使える小物入れになったそうなのですが・・・いったいどんな仕上がりになっているのでしょうか。

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

出来上がったのが上の写真。とってもシンプルでありながらも存在感を感じさせるデザインとなっています。

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

高さは3種類あるようで、形状は正円と楕円の2種類と、バスケット状ではないフラットなタイプのものが用意されているよう。

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

上の写真がフラットなタイプのもの。

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

 

公式ホームページによると

表面をマットな粉体塗装で仕上げることで、シルエットが美しく浮かび上がると同時にインテリアと調和させることを考えた。

とのこと。

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

バスケットの部分は取り外しが可能。

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

さらにこの二つの高さのものをある方法で組み合わせることが出来ます。それは・・・

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

そう。上の写真のように網の目よりも脚が細いために複数を重ねるようにして組み合わせることもできるようデザインされています。

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

色はブラックとホワイトが用意されているよう。

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

ホワイトのタイプもまた違った存在感。主張しすぎないデザインの為、部屋に置かれているどんなインテリアとも調和しそうです。

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

網の目も適度に細かく、また綺麗に整えられています。

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

シンプルで美しいデザインです。職人ならではの技術ですね。

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

平安時代から続く京金網を手がける金網つじとnendoがこれボレーションして生まれた金網「basket-container」

他にもたくさんの種類の金網がありますので是非こちらのリンクからご覧下さい。

やはり、職人の手によってデザインされた金網には言葉では表現できない何かを感じ取ることができます。その言葉にできないなにかこそが神は細部に宿るということなのでしょうか。

関連記事:

注ぎ口を口の形にすることで見るだけで中に入っているものがわかる醤油・塩・コショウの調味料入れ「talking」 | ONE PROJECT

ブタの貯金箱の歴史を紐解くことでうまれた、豚の鼻の形をした貯金箱「pyggy-bank」 | ONE PROJECT

コップの一部が「めくれた」ことにより、かゆいところに手が届くよう機能性を高めたコップ「peel」 | ONE PROJECT

チョコレートで出来た鉛筆を削ることでつくるスイーツ「chocolate-pencils」 | ONE PROJECT

さまざまな動物の「尾っぽ」の形をしたワイヤレスの光学式マウス「oppopet(オッポペット)」 | ONE PROJECT

参考:

金網つじの思い|- 京都・金網つじ – 京都の伝統工芸・金網工芸(金網細工)<京都府京都市>

basket-container | nendo




Facebook にシェア
[`evernote` not found]