1. TOP
  2. インテリア デザイナーズ家具
  3. 壁を這いずり回る生き物のような本棚。Ron Arad(ロンアラッド)の「THE BOOKWORM BOOKSHELF」

壁を這いずり回る生き物のような本棚。Ron Arad(ロンアラッド)の「THE BOOKWORM BOOKSHELF」





このみるものの目を奪う細長い本棚は1993年にイギリス人デザイナー、ロンアラッド(Ron Arad)によってつくられました。

この壁を這いずり回るようなあやしい本棚の名前はBook Worm。「Book Worm」とは日本語で「本の虫」。本好きのことをさします。

Bookworm Shelf

この本棚の圧倒的な存在感。フレキシブルなその形は本棚としてだけではなく、ちょっとした小物を置くのにも適しています。

Bookworm Shelf2

素材はプラスチック。もともとは黒っぽいスチール製でしたが、現在は様々な色のプラスチック製品として販売されています。

Bookworm Shelf3

強度、耐久性にもすぐれており、この本棚には各ポイントで約10キロの荷重に耐えられる設計になっています。

Bookworm Shelf4

人それぞれ使う人により自由にミミズがはうような模様をつくることが出来るので、使う人の創造力が試される一品です。

Bookworm Shelf

この巨大で曲がりくねったワームは、フェイクブックというブラケットで壁に取り付けられブックエンドの役割も兼ねているそうです。

Bookworm Shelf

こちらがブラケット。このブラケットを壁に打ち込む形で取り付けます。

Bookworm Shelf6

壁さえあれば、どんな形にも自由自在、柔軟にとりつけることができるのでちょっとした記号をつくることもできます。

Bookworm Shelf5

先ほどのBOOKWORMに本を載せるとこんなに素敵な本棚が出来上がります。

Bookworm Shelf7

壁にネジで固定する際、ブックエンド部分にはカーブをつけて、極力素材を伸ばすようにして設置すると、より強度を高めることが出来るようです。

ただ設置の際にはボード用のアンカーが別途必要となるようなので専門業者に依頼した方がよさそうです。

Bookworm Shelf8

本だけでなく、CDや観葉植物、オブジェなどを置いても素敵ですね。

Bookworm Shelf9

このBOOKWORM独特のうねりは様々な創造力をかき立ててくれます。身体には服があるように本には本棚が必要です。

Bookworm Shelf10

長いサイズのBOOKWORMを使うことによって、天井までのびる豆の木のように使うことも出来そうです。

Bookworm Shelf11

長ければ長いほど、その独特な形状に知らず知らずひき込まれてしまいます。

Bookworm Shelf12

真っ白いキャンパスに絵を描くように、真っ白い壁にBOOKWORMで自分の好きな形を作る。それは自分だけのオリジナルな作品になり得ます。

Bookworm Shelf

BOOKWORMだけを壁に設置し、その上には何も乗せない・・・という選択肢もありです。

Bookworm Shelf

それぞれが10キロの荷重に耐えられるのでこんなに本を置いても大丈夫です。

Bookworm Shelf

それにしてもBOOKWORMは不思議な魅力を兼ね備えている本棚ですね。作品自体はとてもシンプルですが、シンプルだからこそ使い手の創造力により、どのようにも生かされます。

デザイナーによってデザインされた作品が他の人の手に渡り、育てられることでその可能性は無限に広がっていきます。

 

Bookworm Shelf制作の様子はこちらから動画でご覧頂けます。

Bookworm Shelfは限られた店舗で販売しているようなので載せておきます。

\■レビューでポイント19倍中■/棚 Kartell カルテル ブックワーム Bookworm BOW-8005 【プライスダウン!】【10P11Jan13】

価格:68,700円
(2013/1/14 23:59時点)
感想(0件)

ロンアラッド(Ron Arad)の公式ページはこちら

・Ron Arad – home

URL:http://www.ronarad.co.uk

▼ONE PROJECT編集部 オススメ記事:

・世界中の住宅建築を知り尽くした住宅建築のプロによる、世界に一つだけのこだわりの家のつくりかたを探している方はこちらの記事を合わせてお読みください:理想の家づくりに向けて

・世界中の住宅建築のデザインをお探しの方は合わせてこちらをお読みください:世界の住宅建築




Facebook にシェア
[`evernote` not found]