>>>「家を安く建てる7つの基本」はこちら

【建て替え】木造住宅の家の解体費用の内訳

家の建て替えをしようと検討しているけれど木造住宅の解体にはどれくらい費用がかかるのだろう・・・今回の記事ではそんなあなたの疑問に答えていきます。

また合わせて木造住宅の家の解体費用の内訳についても解説していきますので、木造住宅を解体して建て替えを検討されている方はこの記事を最後まで読んでください。



家の解体費用を決める4つの要素

まず家の解体費用はどのようにして決まるのかについて解説していきます。

家の解体費用は大きくいって下記の4つの要素によって決まります。

【家の解体費用の決まり方】

1:建物の構造
2:解体のしやすさ
3:解体する建物の規模(坪数)
4:エリア(都道府県や市区町村)

木造住宅の解体費用ってどれくらいかかるの?

今お伝えしたように、条件や広さにもよりますが、一般的な木造住宅であれば、およそ90万円から230万円程度が相場です。

ただ、解体のしやすさによっても金額は前後しますのであくまで目安程度におさえておいてください。

【木造住宅の解体費用の相場(坪単価)】

木造の解体費用:3万円〜5万円

また家の解体費用は道路幅や近隣の距離によっても解体のしやすさが変わってくるため、下記のように大きく単価が変わってきます。

【道路幅や近隣住宅の距離による解体工事費用単価の違い】

道路幅4m以上・近隣住宅との距離1m以上 30,000円/坪(25,000円〜35,000円)
道路幅4m以上・近隣住宅との距離1m未満 35,000円/坪(30,000円〜40,000円)

道路幅2m以上4m未満・近隣住宅との距離1m以上 40,000円/坪(35,000円〜45,000円)
道路幅2m以上4m未満・近隣住宅との距離1m未満 45,000円/坪(40,000円〜50,000円)

木造住宅の解体費用の内訳

木造住宅の解体に伴う解体費用の内訳はおおよそ下記の通りとなります。

【木造住宅の解体費用の内訳】

1:建物取り壊し費用(3割から4割)
・付帯工事費用
・重機費用
・仮設工事費用

2:廃棄物処理費用(3割から4割)
・整地・清掃費用

3:諸費用(2割〜3割)
4:会社の利益(1割から2割)

具体的に説明していきます。

木造住宅の解体にかかる費用1:建物取り壊し費用

建物本体の解体費用のことです。

解体費用全体の3割から4割ほど占めるのが建物取り壊し費用に当たります。

木造の解体費用としては坪単価およそ3万円〜5万円が相場となります。

付帯工事費用

建物取り壊し費用のうち、付帯工事費用とは庭木の伐採や抜根、ブロック塀、カーポート、浄化槽などの建物本体以外の撤去費用のことを言います。

付帯工事費用として見積もり上別々に計算されることもありますが、家の解体では建物取り壊し費用と一緒にして計算される事が一般的です。

・建物の取り壊し以外の費用を付帯工事に計上することも

解体工事業者によっては付帯工事費用という名目で、建物の取り壊し費用以外の費用を計上することもあります。

重機費用

家の解体工事に必要な重機や作業員の人件費が重機費用です。解体工事業者が重機を持っている場合とレンタルする場合があります。

重機費用には現場までの運送費も重機費用に含まれており現場までの運送費用は大体5万円ほどかかります。

また、解体工事の業者が重機をレンタルする際は重機レンタル費用がかかります。

仮設工事費用

家の解体工事に入る前に必要となる足場、養生に必要な費用のことです。

家を解体するための足場設置、防音・防塵シートの設置、敷地を囲うゲート、仮設トイレ、敷き鉄板(重機の道)などが仮設工事費用に当たります。

養生費用の相場は1m2あたりおよそ1,000円程度が相場です。

足場はレンタルする事が多く足場設置費用としておよそ数十万円の費用がかかるものと考えてください。

【代表的な仮設工事費用の単価】

養生費用:1,000円/m2

木造住宅の解体にかかる費用2:廃棄物処理費用

廃棄物処理費用とは、家を解体すると発生する木材、瓦、基礎部分のコンクリートなどの廃棄物を処理する費用のことを言います。

一般的な2階建ての木造住宅を解体すると、4トントラック5台〜10台分の産業廃棄物が出る事が一般的です。

廃棄物処理費用は家の解体工事費用のおよそ3割から4割ほどを占める費用で産業廃棄物として処理されます。

木造住宅の解体にかかる費用3:諸費用

諸費用は家の解体工事の2割から3割程度かかる費用のことで解体業者によっては諸経費とも呼ばれる事があります。

諸費用の中には解体工事に伴う各種手続きにかかる費用(書類の作成・申請費用)をはじめ、近隣への挨拶費用、重機や駐車スペースなどを借りる費用が含まれます。

その他、建物取り壊し費用や産業廃棄物処理費用以外の費用を諸費用として計上することもあり、会社によって諸費用には様々な費用が含まれる事があります。

木造住宅の解体にかかる費用4:会社の利益

解体工事業者の利益は全体の費用のうち1割から2割が一般的です。

ただし利益は「利益」として計上されるのではなく、諸費用に含まれたり、それぞれ工事単価にバラバラになって含まれており、利益として明細に計上されているわけではありませんので注意してください。

木造の建物種類ごとの解体費用の目安

最後に木造の建物種別ごとの解体費用の目安についてお伝えしていきます。

木造の小屋の解体費用の相場

およそ4坪程度の木造の小屋の解体の場合の目安費用は下記の通りです。

工事名 数量 単位 単価 金額

【建物取り壊し費用】

建物解体 4.0 坪 30,000円 120,000円

【付帯工事費用】

シート養生 1.0 式 15,000円 15,000円
手運搬 1.0 式 20,000円 20,000円
入口コンクリート撤去 1.0 式 50,000円 50,000円

【産業廃棄物処理費用】

残土処分 1.0 式 30,000円 30,000円
砂利ひきならし 1.0 式 30,000円 30,000円
合計 265,000円

解体業者の利益については、利益と言った形で計上するのではなくそれぞれの工事費用の単価に含まれる事が一般的です。

平屋建て木造住宅の解体費用の相場

続いて木造の平屋建て(16坪)の解体費用についてみていきます。

工事名 数量 単位 単価 金額

【建物取り壊し費用】

木造平屋建解体撤去処分 53.0 m2 6,000円 318,000円
木造平屋建、分別解体手間 53.0 m2 2,000円 100,600円

【付帯工事費用】

丸太シート養生 75.0 m2 8,00円 60,000円
重機回送 2 回 16,000円 32,000円

【産業廃棄物処理費用】

庭木撤去処分 1 式 25,000円 25,000円
建物内外残存物撤去処分 1 式 40,000円 40,000円

【諸費用】

諸経費 1 式 25,000円 25,000円

合計600,600円

15坪に対して建物解体費用が418,600円ですから坪単価は27,000円程度です。

木造二階建て住宅の解体費用の相場

次に木造2階建て住宅(40坪)の解体費用についてみていきます。

工事名 数量 単位 単価 金額

【建物取り壊し費用】【産業廃棄物処理費用】

木造建築物上解体処分 132 m2 7,500円 990.000円
ベランダ、塀、屋根処分費用 1式 50,000円 50,000円

【付帯工事費用】

シート養生 220 m2 700円 154,000円

合計1,194,000円

40坪に対して、建物本体解体費用が990,000円ですから坪単価はおよそ25,000円です。

木造三階建て住宅の解体費用の相場

最後に木造三階建て住宅(35坪)の解体費用についてみていきます。

工事名 数量 単位 単価 金額

【建物取り壊し費用】

木造建物解体撤去処分 35 坪 50,000円 1,750,000円

【付帯工事費用】

養生シート 260 m2 700 182,000円
ガードマン 15 人 12,000 180,000円

【産業廃棄物処理費用】

建物内外残存物撤去処分 1 式 251,000円 251,000円
運び出し工 1 式 350,000円 350,000円

合計2,713,000円

まとめ

この記事では木造住宅の家の解体費用の内訳についてお伝えしました。

解体費用はエリアはもちろん現場ごとに異なるものの同じ条件であれば大体の相場は同じようなものになります。

ただし、今回の費用についてもあくまで目安となりますので、参考程度にとどめておいて下さい。



Facebook にシェア
[`evernote` not found]