1. TOP
  2. 住宅デザイン
  3. インドのムンバイにある、木製の奇をてらった階段がものすごくオシャレでモダンな佇まいの家。

インドのムンバイにある、木製の奇をてらった階段がものすごくオシャレでモダンな佇まいの家。




インドのムンバイには非常におしゃれな階段が内包されている建築物があります。螺旋階段のようでいて、螺旋階段ではない、独特な形状の階段はArquitectura en Movimento Workshopがデザインした階段。

インドのムンバイにある、木製の奇をてらった階段がものすごくオシャレな家。

上の写真の階段が今回ご紹介する階段。なんだかとっても、非常にスマートな階段だと思いませんか?

インドのムンバイにある、木製の奇をてらった階段がものすごくオシャレな家。

背もたれもあるので写真のように階段で腰掛けることも可能。曲線的なデザインの為、見た目にも美しく、写真のようなよりかかる使い方やまた様々な使い方を想定することが出来そうです。

階段であり、階段ではない非常にユニークな階段だと思います。

インドのムンバイにある、木製の奇をてらった階段がものすごくオシャレな家。

よくみると二階部分から一本の細長い木として、曲げられて緩やかにつながりをもたせていることがわかります。

開放的なつくりになっているので、圧迫感をそれほど感じること無く設置することが出来そうです。

インドのムンバイにある、木製の奇をてらった階段がものすごくオシャレな家。

 

下の三段だけはしっかりと地面に設置してあるようです。

インドのムンバイにある、木製の奇をてらった階段がものすごくオシャレな家。

こちらはキッチンから見た階段。

こうしてみると階段ではなく何かのオブジェのようにも見えます。それにしてもまるで階段が生き物のような、生物的な何かを感じさせてくれます。

モダンな佇まいの家と、非常に相性が良い階段だと思います。

 

ONE PROJECT編集部 オススメ記事:

・世界中の住宅建築を知り尽くした住宅建築のプロによる、世界に一つだけのこだわりの家のつくりかたを探している方はこちらの記事を合わせてお読みください:理想の家づくりに向けて

・世界中の住宅建築のデザインをお探しの方は合わせてこちらをお読みください:世界の住宅建築




関連記事:

手すりで育てた植物を食べることの出来る、今までにない斬新な発想の緩やかな螺旋階段「The Living Staircase」 | ONE PROJECT

高さ5.2メートルの、まるで風にゆられ踊るように開くドア。「Curtain Door(カーテンドアー)」 | ONE PROJECT

参考:

Beautifully Sloping Wooden Staircase Creates a Sense of Flow in the Home – My Modern Met

Arquitectura en Movimiento

Facebook にシェア
[`evernote` not found]