1. TOP
  2. 住宅デザイン
  3. 膜の穴をもぐったり、ときどき顔を出してみたりすることで、様々な景色を見ることが出来る空間デザイン「浮遊する滴の孔 Fusionner」

膜の穴をもぐったり、ときどき顔を出してみたりすることで、様々な景色を見ることが出来る空間デザイン「浮遊する滴の孔 Fusionner」




Fusionnerとはフランス語で「溶け込む」を意味する言葉で日本語読みすると「フュージョネ」と読みます。

今回紹介するFusionner1.0-浮遊する滴の孔は、非常に面白い空間デザインとなっており、膜の穴をもぐったり、ときどき顔を出してみたりすることで、様々な景色を見ることが出来る、非常にユニークなつくりとなっています。

7339-1080px-720px

上の写真がFusionner1.0-浮遊する滴の孔。膜の合間に大小様々に空けられた孔。その隙間を光が通り抜けることで光の濃淡を他の膜へと移し込み様々な味わいをかもし出します。

浮遊する滴の孔

こちらは膜の最下部。

浮遊する滴の孔

中間層。

浮遊する滴の孔

そしてこちらは最上層。

浮遊する滴の孔

実際に人が集まるとこんな感じ。

浮遊する滴の孔

孔から孔へと移動したり留まったりすることで、新たな人、モノとの出会い、コミュニケーション・アクティビティを誘発させる体感型の空間となっているようです。

浮遊する滴の孔

空間に膜を張っただけなのにそれまでいた空間とはガラッと変わります。

浮遊する滴の孔

なんだか、違う世界にでも来てしまったかのよう。

浮遊する滴の孔

このデザインは堀内功太郎氏のデザインで堀内功太郎展2014で発表されたものです。

浮遊する滴の孔

空間が活き活きとしています。

浮遊する滴の孔

色を変えるとこんなにも幻想的な空間に変わります。

浮遊する滴の孔

浮遊する滴の孔

みんなで体育座りをして、講義をしている様子。

浮遊する滴の孔

座っても楽しい、立ってもまた楽しい。

浮遊する滴の孔

浮遊する滴の孔

 

みんな中間層からのぞいています。

浮遊する滴の孔

浮遊する滴の孔

浮遊する滴の孔

浮遊する滴の孔

図面です。

膜は真横に伸びている訳ではなく若干斜めになっているようですね。

建築展覧会のインスタレーションとしてデザインされたようですが、一度この空間を体験してみたい・・・そんな気にさせてくれる見事な空間デザインです。

 

ONE PROJECT編集部 オススメ記事:

・世界中の住宅建築を知り尽くした住宅建築のプロによる、世界に一つだけのこだわりの家のつくりかたを探している方はこちらの記事を合わせてお読みください:理想の家づくりに向けて

・世界中の住宅建築のデザインをお探しの方は合わせてこちらをお読みください:世界の住宅建築




関連記事:

堀内功太郎氏がデザインした足を踏み入れた瞬間に真っ白な柔らかい光に包みこまれ、時の流れが減速する白い洞窟「Fusionner2.0-紙の洞窟」 | ONE PROJECT

参考:

Fusionner1.0-浮遊する滴の孔 | KOTARO HORIUCHI | ー

Facebook にシェア
[`evernote` not found]