1. TOP
  2. アート・デザイン
  3. つくったあとに食べる事が出来る、チョコレートで出来たレゴブロック

つくったあとに食べる事が出来る、チョコレートで出来たレゴブロック




このレゴブロック、食用なんです。

素材はなんとチョコレート。だからこそ自分の好きな形に組み立てた後にそれをガブリと食べてしまう事が出来るのです。子供がとっても喜びそうなレゴブロックです。

この食べる事の出来るチョコレートで出来たレゴブロックを作成したのは日本人のAkihiro Mizuuchi氏。

チョコレートで出来たレゴブロック

上の写真がそのチョコレートで出来たレゴブロック。これを使えばお城だって、ロボットだって、どんな建造物も建てられてしまいます。

だってレゴだもの。

チョコレートで出来たレゴブロック

もちろん上の写真のようなバリエーションのレゴも用意があります。

チョコレートで出来たレゴブロック

その他、本物のレゴと同じ組み合わせが可能。だからこそ、普段レゴに慣れ親しんだ人でチョコレート好きの人にとっては、喉から手が出るほど欲しくなってしまう一品。

チョコレートで出来たレゴブロック

チョコレートでも、上の写真のようにしっかりと組み合わせる事が可能。

チョコレートで出来たレゴブロック

ホワイトチョコレートのレゴと、一般的なチョコレートのレゴを組み合わせる事でどんなものをつくりだそうか・・・ワクワクしてしまいますね。

他にもピンク色のストロベリーのレゴ、それにアイボリーカラーのレゴのチョコレートがあるようです。

チョコレートで出来たレゴブロック

で、レゴのチョコレートで組み立てられたものが上の写真。

チョコレートで出来たレゴブロック

どうやらロボットのようですが・・・

チョコレートで出来たレゴブロック

そしてこちらが色違いのロボット。

チョコレートで出来たレゴブロック

バックから。

チョコレートで出来たレゴブロック

さらに耳がないもの。

チョコレートで出来たレゴブロック

そのバック。

チョコレートで出来たレゴブロック

左から右へ行くほど覚醒していっているということなのでしょうか。

ドラゴンボールのスーパーサイヤ人のような形なのでしょうかね。

関連記事:

チョコレートのチューブの中に様々な色の絵の具が入っている、絵の具セットのようなフレーバーシロップチョコレート「chocolate-paint(チョコレートペイント)」 | ONE PROJECT

チョコレートで出来た鉛筆を削ることでつくるスイーツ「chocolate-pencils」 | ONE PROJECT

チョコレートの香りがするティッシュ「Sweetissue -Chocolate- (スイーティシュー《チョコレート》)」 | ONE PROJECT

レゴブロックでつくり上げたように見える、合板で出来たモザイク画「Re-things」 | ONE PROJECT

レゴブロックで出来たスーパーマリオのアクアリウム「Super Mario Aquarium」 | ONE PROJECT

参考:

Akihiro Mizuuchi on Behance 

LEGO Chocolate




Facebook にシェア
[`evernote` not found]