1. TOP
  2. アート・デザイン
  3. 注ぎ口を口の形にすることで見るだけで中に入っているものがわかる醤油・塩・コショウの調味料入れ「talking」

注ぎ口を口の形にすることで見るだけで中に入っているものがわかる醤油・塩・コショウの調味料入れ「talking」

視覚と聴覚が連動した調味料入れ「talking」3




調味料入れといっても最近ではたくさんのモダンなデザインの調味料入れがあります。そのどれもが特徴的であり、そのどれもが素晴らしいのですが、調味料の注ぎ口にまでデザインが及んでいるものはごくわずかと言えるでしょう。

今回紹介する調味料入れは、注ぎ口を口の形にすることで見るだけで中に入っているものがわかる醤油・塩・コショウの調味料入れ「talking」。

注ぎ口をみるだけで中に入っているものがわかり視覚的に訴えかける非常にユニークなデザインとなっています。

視覚と聴覚が連動した調味料入れ「talking」

佐藤オオキ氏率いるnendoの公式ホームページによると「視覚的な「記号や文字」による内容物の表記ではなく、注ぎ口を醤油の「ゆ」、塩の「し」、コショウの「こ」の口の形にすることで、視覚と聴覚が連動した「音としての言葉」によって伝えたいと思った」そうです。

視覚と聴覚が連動した調味料入れ「talking」

そして実際にデザインとして落とし込まれたものが上の醤油・塩・コショウの調味料入れ「talking」。

左から「醤油」、「塩」、「胡椒」の調味料入れとなっています。

「メールによる活字のコミュニケーションが増え、食卓から会話が減りつつある状況に対して、日本語特有の「語感」や「響き」によってヒトとモノを緩やかに繋げるデザイン。」となっています。

視覚と聴覚が連動した調味料入れ「talking」3

三体並べると、調味料入れが意思を持ち、何かお互いに話をしているかのような有機的な感覚を食卓にもたらしてくれます。

視覚と聴覚が連動した調味料入れ「talking」4

醤油さしや塩・こしょう入れはシンプルな形状が多いのが事実。食卓がより楽しい雰囲気になったらとの願いを込めてデザインされたプロダクトがこのおしゃれな調味料入れ「TALKING」。

確かにこんなユニークな調味料入れを使用すればお子様が喜ぶことはもちろん食卓に笑顔が溢れること間違いなしです。

phot01

こちらは醤油の調味料入れ。

phot02

続いてこちらは塩を入れるタイプのもの。

phot03

最後に胡椒。なんだか思わず笑っちゃいます。

視覚と聴覚が連動した調味料入れ「talking」5

みればみるほど子供が非常に喜びそうなデザインですね。

視覚と聴覚が連動した調味料入れ「talking」6

本当にいきているよう。非常に面白いデザインです。

調味料入れ「talking」はこちらから購入して頂けます:

アッシュコンセプト h concept プラスディ  d 調味料入れ Seasoning Dispenser トーキング TALKING 醤油 D-410

価格:2,100円
(2014/3/30 12:39時点)
感想(0件)

アッシュコンセプト h concept プラスディ  d 調味料入れ Seasoning Dispenser トーキング TALKING コショウ D-412

価格:1,575円
(2014/3/30 12:40時点)
感想(0件)

アッシュコンセプト h concept プラスディ  d 調味料入れ Seasoning Dispenser トーキング TALKING 塩 D-411

価格:1,575円
(2014/3/30 12:41時点)
感想(0件)

 

参考:

talking | nendo

TALKING アッシュコンセプト【オフィシャル】 デザインプロダクトshop