1. TOP
  2. デザイナーズ家具 インテリア
  3. 宇宙航空研究開発機構 (JAXA) の月周回衛星「かぐや」による正確なデータに基づき作成されたリアルな月のLED照明。

宇宙航空研究開発機構 (JAXA) の月周回衛星「かぐや」による正確なデータに基づき作成されたリアルな月のLED照明。

本物の月のようにさえみえる、リアルな月の照明2




月好きにはたまらない一品かもしれない。

通常月のLED照明というと、少し適当なつくりになっていることが多いのが事実です。何故なら一般的には地球のように複雑な地形と思われてはいないし、そこまで詳細につくり込む価値を感じない人が多いからです。

しかし、本当月は私たちが思っている以上に複雑な地形に満ちあふれています。そんな月を精巧かつ見事に再現したものが「THE MOON」です。

本物の月のようにさえみえる、リアルな月の照明

この月は実際に、2011年の3月19日に「かぐや」で観測されたデータをもとに精巧につくられたものだそうです。

その日、月は通常の14%明るく、30%大きく私たちの目にうつったようです。

地球との距離は約35万6577キロメートル。ここまで月が接近したのは1992年以来の19年ぶりだそう。

Wikipediaによると、一般的なスーパームーン現象は一年に一回訪れるようなのですが、ここまで急接近することは極めて稀なのだそう。

本物の月のようにさえみえる、リアルな月の照明2

月が地球に接近することは「スーパームーン」と呼びますが、急接近してから1週間前後で月が満月になることを「エクストリーム・スーパームーン」(Extreme Supermoon)とよび、2011年3月に月が最接近した時の月は、この「エクストリーム・スーパームーン」(Extreme Supermoon)にあたるそう。

またロケットニュース24によると、世界のアマチュア科学者たちの間では、「地震や火山活動を引き起こす恐れあり」とされているようで、くしくも私たちの記憶に新しい東日本大震災の時期と重なっています。

あくまでアマチュア科学者の間での話なので、それが証明されたわけではありませんがこれがもし、科学的に解明されたのなら大地震をある程度予測できるということになります。

本物の月のようにさえみえる、リアルな月の照明3

月があるからこそ、私たち生物の生息環境が維持されています。また月は、潮の満ち引きにも大きく関係しています。月は毎年4センチメートルほど地球から遠ざかっていると言われており、月が地球から遠ざかるにつれ、私たちの一日に長さが長くなっていくと言われています。

これは、月は地球の地軸に大きく関係しているため起こっています。月があることにより、地球の地軸が安定し一日24時間、さらに言えば季節も保たれています。

本物の月のようにさえみえる、リアルな月の照明4

月は、昔から私たちの生活に欠かす事の出来ない存在としてその存在を示しており、事実、私たちの生活になくてはならない存在です。

宇宙航空研究開発機構 (JAXA) の月周回衛星「かぐや」による正確なデータに基づき作成されたのが、このリアルな月のLED証明「THE MOON」です。

本物の月のようにさえみえる、リアルな月の照明5

手のひらサイズのこの幻想的な月のLED証明。

もちろん本物の月と違い太陽光を反射して光るわけではありませんが、正確なデータに基づき細かい部分にまで及びつくり込まれている為、月が好きな人にとってはたまらない一品になることは間違いなしです。

 

公式ページ:THE MOON / NOSIGNER™

参考:

The Moon LED Light by Nosigner

本当にリアルな月の明かりをあなたのお部屋に – The Moon – | STYLE4 Design

3月19日、19年ぶりに月が地球に最接近! 「地震や火山活動を引き起こす」という説も | ロケットニュース24

Supermoon – Wikipedia, the free encyclopedia

満月 – Wikipedia

もし月がなかったら | ディスカバリーチャンネル

かぐや – Wikipedia

Lunar perigee: ‘Supermoon’ may cause weather chaos on Earth next week | Mail Online