1. TOP
  2. デザイナーズ家具 インテリア
  3. キューブ型のキャスター付き移動和室「The Cube」

キューブ型のキャスター付き移動和室「The Cube」

我々日本人にとって、「和」とつく文化や習慣や、様式はとってもなじみ深いもの。それら「和」がもたらすものは、海外でも高い評価を得ています。

そんな「和」をどこでも味わうことが出来るキューブ型の和室が今回紹介するトピックス。

風水の専門家Liu Ming氏と日本人建築家Toshi Kasai氏によりデザインされた「Cube」という名のお部屋です。

キューブ型の和室

「Cube」は、二階建てになっており、二階には側面の階段を利用することで昇ることが出来ます。二階ではお茶などを嗜むことができるよう。



キューブ型の和室

左側にあるのが二階に上がるための階段です。右側の部屋は書斎といったところでしょうか。

キューブ型の和室

この書斎はシェードで仲を見えなくすることも出来ます。

キューブ型の和室

ローラーシェードをかけた状態が上の写真。

フレームに化粧ボードと畳を組み合わせており、障子やローラーシェードを設置することで採光にも配慮したデザインとなっています。だから、誰でもとてもコンパクトかつパーソナルな空間として利用することが出来ます。

キューブ型の和室

階段の一番下は引き出しになっており、靴などを入れることが出来るようです。

キューブ型の和室

そして驚くべきことに裏側はベッドになっています。素晴らしい和の空間ですね。さらにキャスターがついているため、お部屋間の移動も容易。

ベッド、書斎、茶室がこのキューブの中に機能として凝縮されています。移動式なのもプラスポイント。

キューブ型の和室

和のテイストが気分を落ち着かせてくれます。

キューブ型の和室

ただちょっとだけネックなのは高さ。8フィート(約243センチ)あり、ある程度の広さがないと設置は出来ない模様。

キューブ型の和室

左側がシェードをかけた状態。右側がなしの状態です。

キューブ型の和室

キューブ型の和室

キューブ型の和室

上の写真が間取りといったところ。

でもお値段はちょっと高め・・・。約二万ドルもするよう。どうしても和が欲しいと言う人にはいいかもしれませんね。

参考:

The Cube – Architecture Linked – Architect & Architectural Social Network

SPACEFLAVOR: Architecture, Interior Design, Feng Shui, Decoration, San Francisco, Bay Area

Portfolio: Home Remodel & Commercial Interiors San Francisco, Bay Area