1. TOP
  2. アート・デザイン
  3. 子どもの成長に合わせて少しずつ使い方を変えながら、ずっと使い続けることができる親子のためのベンチ「steps」

子どもの成長に合わせて少しずつ使い方を変えながら、ずっと使い続けることができる親子のためのベンチ「steps」

子どもの成長に合わせて使い方を少しずつ変えながら、ずっと使い続けることができる親子のためのベンチ「steps」




子供の成長は早いものであっという間に大きくなっていきます。

今来ているもののサイズが合わなくて着れなくなるなんてことはすぐに訪れます。しかし、もしも、子供の成長とあわせてつかうことができるものがあるとしたらそれはお母さんにとってとってもうれしいこと。

今回は子供の成長にあわせて長い間使うことができる家具、ベンチを紹介していきます。

子どもの成長に合わせて使い方を少しずつ変えながら、ずっと使い続けることができる親子のためのベンチ「steps」

こちらがそのベンチ「steps」。非常に不思議な形をしていますがこの不思議な形により、子供の成長に合わせて使い方を変えることが出来る仕組みになっています。

左上の穴にはまっているエメラルドグリーンの不思議な物体は実はスツールとして仕様で来ます。お子様が小さい時には上の写真のようにスツールを穴にはめて使うことによってお子様と同じ目線で座ることができます。

子どもの成長に合わせて使い方を少しずつ変えながら、ずっと使い続けることができる親子のためのベンチ「steps」2

こちらの写真が、スツールと机を分離した際のもの。スツールの側面がボコッと飛び出している為、ベンチの穴にはめることが出来ると言う仕組み。

こうして分離してしまえばお子様用の単体のスツールとして使用することも出来ます。お子様用のスツールの為、高さは25センチメートルとそれほどなく、大人が座ることは難しいですがお子様のことを考えつくられた適度な高さのスツールになっています。

そしてこのスツールの使い方には実はもうひとつの使い方があります。 それが以下の写真。

子どもの成長に合わせて使い方を少しずつ変えながら、ずっと使い続けることができる親子のためのベンチ「steps」3

そう。スツールを穴にはめるのではなく穴の下に置くことによって、お子様の机としても機能する仕組みになっているのです。

お子様はスツールに座り、お母さんはベンチとして腰掛けてお絵描きなどを楽しめるベンチとなっています。もちろんこの際は、お子様にとってベンチが机に変身します。

小さい時は、お子様の安全を考え上の写真のようにお子様の机として使用し、少し大きくなってきたらボコッと空いている穴にスツールを入れることによって同じ目線で会話が出来るお母さんにとってとても嬉しいデザインとなっています。

お子様の成長に合わせて長く使えるこのベンチ。すばらしい。

参考:

Design Soil