1. TOP
  2. デザイナーズ家具 インテリア
  3. カモメの形をした紙から音が出る。自然本来の、繊細な音を伝えるスピーカー「PHONON KAMOME」

カモメの形をした紙から音が出る。自然本来の、繊細な音を伝えるスピーカー「PHONON KAMOME」

PHONON "KAMOME"




音響機器メーカーPHONONからカモメの羽のようなスピーカーが発表されています。このスピーカー、形状も面白いのですが、何よりも様々なシーンに応用できそうな音響機器となっています。

PHONON "KAMOME"

この中のどれがスピーカーだかあなたわかりますか。ご覧の通り、風景の中に自然に溶け込むスピーカーのため、一見するとどこにスピーカーがあるのかわかりません。

PHONON "KAMOME"

実はこれがスピーカーなんです。音はどこからでるかというと、なんと頂点にあるカモメのような形をした紙から出るようです。

エッジの無い、両端が解放された軽い紙の微小振動で動作し、自然界の音の発生起因に近い発音原理を用いているとのことです。

出力された音は設置位置からの距離が近くてもうるさすぎず、また遠くてもしっかりと再生音を識別することができるとのこと。

要するにある程度の範囲内でなら、距離に関係なく使用で切るということですね。

PHONON "KAMOME"

仕組みは単純アンプからの音がベースへ振動として伝わり、ベースに差し込んである棒から紙に振動が伝わり音が出る、という仕組みです。

また公式サイトには以下のような記載があります。

あらゆる応用が可能な、シンプル構造
羽根のようなスピーカーユニット部は、紙の形状や棒の材質を容易に変更することができます。この構造により、インテリア・スピーカーとしてだけではなく、様々な提案が可能です。

– 羽根自体に印刷を施し、内装の一部としてスピーカーを設置。
– ユーザー自身が好きな形の羽へと加工できるクラフトスピーカー。
– イベントや店頭什器等のポップ
– 照明器具の素材として組み込んだ音響照明家具。

つまり、音を伝える、棒の部分とその先のカモメの形をした紙の部分は代用がきくということです。これによってどのようなことが可能になるかというと、例えば店舗などに設置してある店舗独自の紙から音を出すことも可能になるということです。

これにより、紙から音が出ているということをあえて演出することや、音響機器が見当たらないのに、音が聴こえるという演出も可能になります。

例えばイベントなどに使うことも出来ます。ハワイアンの紙からは、ハワイアンミュージックが、Mr.Childrenの紙からは、ミスチルの曲が・・・といったことも可能になります。

とても面白いですね。

また、紙質や振動を伝える棒によっても音が変化するようで、紙による音の違いも楽しむことが出来るということです。

PHONON "KAMOME"

こちらがアンプ部分です。クリックすると拡大できますので、詳しく確認されたい場合はクリックしてみてください。

このアンプの部分がすべての肝となります。

公式サイトによると、

音楽家が本当に出したかった音を聴く機会は殆どありません。
ライブ会場での拡声、CDなど記録メディアへの録音はその過程で必ず音質が劣化しています。

音楽家の音を正確に伝える方法はないかと考えはじめたことがPHONONの出発点です。

より自然な音に近い音を・・・ということなのですね。素晴らしい。

なんでもこの製品、発売は当初、2012年の夏頃を予定していたようですが、発売が大幅に遅れてしまっているようです。

おそらく、アンプ部分の音を最適化する調整の為に遅れてしまっているものと思われるのですが、是非早く販売して欲しい音響機器のひとつですね。

価格は、予定では2万円前後ということです。夢が広がりますね。

PHONON “KAMOME”公式ページ

PHONON “KAMOME(カモメ)” – 羽根のような紙を、本格的なスピーカーに。

またPHONONからはその他のユニークな製品も販売されています。参考までに載せておきます。

12兆個のナノダイヤが、金属の隙間に入り込むことにより通電性能が向上する液体。

商品特徴:

この不思議な液体は今までの接点回復剤とはまったく違う仕組みの、最先端ナノテクノロジーを用いた電気接点再構築液です。オイルをまったく含まないので酸化による音質劣化の心配が無く、研磨による回復剤の様に接触面が削れる心配もありません。

何より音質面での改善効果に驚かれることでしょう。音の違いから点接触から面接触になったといえばご理解いただけるかと思います。PHONON LIQUIDをシステムのあらゆる電気接点に使用してみてください。これまで接点でどれほどのロスが生じていたかお分かりいただけることでしょう。

参考:

羽のスピーカー PHONON KAMOME(カモメ)発表!!|PowerDJ’sBlogPlus+ – 店長の部屋Plus+

ユニークかつ計算されたデザイン!既成概念を覆すステレオスピーカー、PHONON「KAMOME」が発表されました! » Rock oN | 最新ニュース & レビュー