1. TOP
  2. ABOUT

ABOUT

進化するONE PROJECT・・・

ONE PROJECTもサイト開設から4年が経ちました。そこで今一度、ここで区切りをつけて、改めてONE PROJECTの存在意義やあり方を考えてみました。

ただ、面白いデザインやユニークな建物を紹介するだけではなくもう少し、あと一歩進んだメディアに育てていきたい。実を言うと今までも何度かそういう思いにかられること、またその分岐点はありましたが、4年目に突入した昨年2015年の10月頃からそんな思いがだんだん強くなってきました。

今だから言えますが、実は昨年から・・・ONE PROJECTの編集長であるボクは、ここで歩みを一度とめ、立ち止まり、ONE PROJECTの在り方を考える時間に費やしていました。

振り返る作業は楽しくもありましたが、苦痛な事も多かった・・・というのが実際のところです。なぜならその作業は今まで大事に育ててきたメディアをある意味捨てる事であり、裏切る事であり、それでいながら、もう一歩先へ進んだ世の中に影響を与えるメディアへと脱皮させる作業だったからです。

ひとことでいってしまえば、それは「ONE PROJECT」の社会的存在意義を問うものでした。

今までの延長線上でありながらも、延長線上にはないなにか・・・矛盾しているようですが、それはその矛盾を超越した答えのない答えを探し求める作業です。

ゆっくりと時間をかけ、ボク自身ONE PROJECTというメディアと向き合い、寄り添い、ともに方向性を確認し、どのようなメディアに育てていきたいか、ネット上に散らばっているその他のメディアと比べONE PROJECTではどんなことが提案できるのだろう・・・読んでくれる読者さんに対して、どんな役に立つ情報を提供できるのか・・・。

何度も何度も自問自答を繰り返しました。

あーでもない、こーでもないと自問自答を繰り返し、ここまで育ててきた「ONE PROJECT」。言ってしまえばONE PROJECTはボクの分身のようなものです。だからそれはボクの内面に釣り糸を垂らし深く深く手繰っていく作業でもありました。何度も糸を垂らし、振り返り、繰り返し、ひとつひとつの言葉を紡いでいく中でようやく見えてきたものがあります。

ONE PROJECTは「暮らし」を、豊かにする情報を提供するWEBマガジン

ONE PROJECTのその先にあるものは一体何なのだろう・・・あるときボクは気がつきました。それは「暮らし」を、豊かにする情報を提供するメディアということ。振り返ると、ボクはONE PROJECTの中でいつも「暮らし」を伝えていました。

それはインテリアから始まり、建物、住まう家、ちょっと変わったデザインの雑貨。全ては「暮らし」に直結しているものです。振り返ってみれば暮らしを支える何かをいつも情報として提供していました。じゃあ、次にその中でONE PROJECTらしさとは一体何なのだろう・・・。

ここでまた壁にぶつかりました。「暮らし」を豊かにする情報を提供するWEBマガジンという核となる部分はみつけることが出来たものの、もっと突き抜ける為にはもう少し先へ進んだ言葉が必要でした。

ONE PROJECTとして暮らしを豊かにする情報とは何か・・・

ボクが一番にこだわったのはONE PROJECTらしさです。世界中のユニークなデザインを紹介するWEBマガジンとして産声を上げたONE PROJECT。そこでは、ちょっと変わったデザインの、暮らしを豊かにデザインするモノを紹介していました。

また、暮らしを豊かにデザインする・・・という言葉から派生して「ONE MESSAGE」というメールマガジンもはじまりました。「ONE MESSAGE」は、言葉はひとをデザインするという考えのもと、デザイナーや偉人など世の中に何らかの功績を残した人たちの言葉をお届けするサービスです。

ひとは言葉によって救われることもある・・・。そんなボクの思いからスタートしたサービスです。

「ONE MESSAGE」は大変好評でした。読者の方からはたくさんのメールが届き、今もなお続いています。

そこでぼくは気がつきました。もしかしたら、これからのONE PROJECTのあり方・・・その答えは読者の方が知っているのではないか・・・ONE PROJECTを読んでくださる、楽しみにして下さるかたが知っているのではないか・・・。今まではボクのエゴで育ててきたWEBマガジンをボク自身の手から離れさせて、一度読者の方にゆだねてみたらどうだろう・・・。

答えは読者の方が知っているのではないだろうか・・・。

そこで、今まで好評いただいた記事や、読者の方がSNSなどを通して拡散して頂いた記事、リンクを頂いている記事、すべてを洗いざらいみていきました。

こうしてようやく新たなONE PROJECTがスタートする糸口を見付ける事が出来ました。そうなのです。答えは読者の方が知っていました。それは暮らし、建物、建築物、住まい。暮らしを豊かにするというキーワード。そして住まい、家づくり・・・。

そうか・・・読者の方が求めているものは暮らしを豊かにする住まいに必要なもの・・・さらに手繰っていくと、その中でも建築物や家づくりの参考になる記事が大変好評でした。そして同時に今までぼやっとしていた何かがひとつの言葉に集約され、一本の太い幹のような軸が出来上がりました。

この時点で答えは決まりました。

暮らしに誠実に向き合い、嘘のないメディアをつくっていきたい。

ONE PROJECTでは、今までのメディアより一歩進んだ形に昇華させ、理想の家づくりに向けて、主に世界中に溢れるユニークな住宅建築デザインを紹介していく方向性に舵を切ることにしました。

家づくりは一生に一度の大きな買い物。だからこそ失敗をしない家づくりをしたい。誰もがそう思うはずです。でも、そうはいっても家づくりとは分からないことだらけ。どんな家が理想なのか、おぼろげなイメージはあっても具体的にどのように形作っていけばいいのだろう・・・こだわりの家づくりの為には知らなくてはならない事がたくさんあります。

今後ONE PROJECTは、理想の家づくりに向けてのノウハウを専門家などに相談し、あらゆるところから掻き集め記事にしていきたいと考えています。

家づくりはつくって完結するものではありません。家という箱を通してその箱の中に入れる家具などをプランする必要があります。そんなあなたの役に立つような、総合的なライフプランニングを出来るようなサイトに育つように編集長のボクが、一読者として読者の視点で、かげで支えしっかりと見守っていきます。

これからONE PROJECTは大きく変わっていきます。これからのONE PROJECTでは世界中にある住宅や建築を選り集め、同時に家づくりに向けたノウハウとして提供していきます。

今後、あなたの家づくりの参考にして頂き、お役に立てる事ができたらと思っております。

暮らしを支えるメディアとしてのONE PROJECT

これからのONE PROJECTは、住宅建築と言う枠組みで、理想の家づくりを通して住まう家としてのデザインの可能性をあなたに伝えることで、住宅建築デザインをもっと身近なものとして世の中にひろめ、社会に貢献していきたいと考えています。

家づくりは一生に一度のこと。日々の暮らしや生活を支えるものだからこそ、あなたの人生にそっと寄り添うメディアでありたい。それが編集長であるボクの思いです。

世界中の建物や住まいをご紹介していく事で、あなたの住まう家づくりの参考にして頂けたらと思っています。あなたが住まう理想的な住まいとしての・・・

豊かなデザインのその先の未来をみすえて。

ONE PROJECT 編集長HIRO

 

※Facebook公式ページはこちらから

ONE PROJECTのフェイスブック公式ページはこちらはクリック

※Twitter公式ページはこちらから

ONE PROJECTの公式Twitterアカウントはこちらをクリック