1. TOP
  2. 住宅デザイン
  3. 3つのモードを切り替えることで用途によって使い分けることが出来るコンパクトなワンルーム「The Bunkie」

3つのモードを切り替えることで用途によって使い分けることが出来るコンパクトなワンルーム「The Bunkie」




これは便利。

一見すると小さなお家でこんなお家になんて住めないよ・・・と思ってしまいがちですが、なんとこの小さなお家3つのモードに切り替えることが可能なんだとか。

このお家の名前は「The Bunkie」。

Playモード、Openモード、Sleepモードがあり、1つの部屋を用途によって使い分けることが可能なのだそう。

コンパクトなワンルーム

それではまずは上の写真から。こちらはOpenモードです。テーブルや椅子は予め壁の中に収納されているようです。

 

コンパクトなワンルーム

続いてSleepモード。ベッドが出てきてゆっくり眠ることが出来ます。よくみるとロフト部分にもベッドがあり2ベッドを使うことが出来ます。

コンパクトなワンルーム

そして最後にPlayモード。フロアには何も置いていないため、思う存分遊ぶことが出来ます。

コンパクトなワンルーム

実際に部屋の中に入るとこんな感じ。

ほどよい広さが心地良さそうな部屋ですね。あ〜こんな部屋に住んでみたい。

 

ONE PROJECT編集部 オススメ記事:

・世界中の住宅建築を知り尽くした住宅建築のプロによる、世界に一つだけのこだわりの家のつくりかたを探している方はこちらの記事を合わせてお読みください:理想の家づくりに向けて

・世界中の住宅建築のデザインをお探しの方は合わせてこちらをお読みください:世界の住宅建築




関連記事:

段ボール紙で出来た折り畳んで持ち運び可能な、とっても頑丈な机「refold cardboard standing desk」 | ONE PROJECT

カーテンをスライドすることで目的に合わせた空間をつくることが出来るリビングツール”FADE” | ONE PROJECT

参考:

The Bunkie Co.

Facebook にシェア
[`evernote` not found]