1. TOP
  2. 住宅デザイン
  3. 床面積が3倍にもなる仮設住宅「De Markies」

床面積が3倍にもなる仮設住宅「De Markies」




床面積がなんと3倍にもなる仮設住宅があります。この仮説住宅の名前は「De Markies」といいます。

もともとはトレーラーのような建物ですが、その両サイドの壁を広げることにより、それが床になり、床面積が3倍になるという非常に面白い仕様となっています。

床面積が3倍にもなる仮設住宅「De Markies」

この仮設住宅は1985年のテンポラリー・リビング・コンペティションにエントリーされた作品のよう。どうやら、設置してから数秒で床面積が3倍に広がるようです。

床面積が3倍にもなる仮設住宅「De Markies」

屋内は上の写真のような感じ。ベッド、キッチンなど生活に必要なものがぎっしり詰まっているよう。

床面積が3倍にもなる仮設住宅「De Markies」

一体のように開くのかというと、上の写真のように両サイドがぱかっと開いて行き・・・

床面積が3倍にもなる仮設住宅「De Markies」

こんなふうになります。釣りをしている男性がいますがこんな施設を使って釣りをしたらものすごく楽しそう。

床面積が3倍にもなる仮設住宅「De Markies」

椅子にベッド、そして透明な壁により守られているので雨や強風にあっても大丈夫。

床面積が3倍にもなる仮設住宅「De Markies」

正面から見るとこんな感じです。なんだか秘密の基地のよう。とってもいい感じですね。

床面積が3倍にもなる仮設住宅「De Markies」

こちらは反対側の様子。ベッドルームとほどよいしきり・・・いい感じですね。

床面積が3倍にもなる仮設住宅「De Markies」

最後に中央部分の様子です。真ん中にテーブルと、それに4つの椅子があります。椅子はしっかり収納できるようなので、使いたいときだけ出すということも可能なよう。

なんだかとってもいいですね、こういうお家。ワクワクします。

 

ONE PROJECT編集部 オススメ記事:

・世界中の住宅建築を知り尽くした住宅建築のプロによる、世界に一つだけのこだわりの家のつくりかたを探している方はこちらの記事を合わせてお読みください:理想の家づくりに向けて

・世界中の住宅建築のデザインをお探しの方は合わせてこちらをお読みください:世界の住宅建築




関連記事:

東日本大震災3・11の災害救助を目的としてつくられた建築家吉村靖孝氏がデザインした輸送用コンテナを用いてつくったプレハブコンテナハウス「ex container(エクスコンテナ)」 | ONE PROJECT

屋根が開く、3mCUBEのセカンドハウス「PACO」。 | ONE PROJECT

参考:

Incredible De Markies trailer folds out to triple its size with adjustable awnings De Markies expanded side view – Inhabitat – Sustainable Design Innovation, Eco Architecture, Green Building

Facebook にシェア
[`evernote` not found]