1. TOP
  2. 変わったデザインの建築物
  3. 隈研吾氏がデザインした東京大学にあるビル「Daiwa Ubiquitous Computing Research Building」。

隈研吾氏がデザインした東京大学にあるビル「Daiwa Ubiquitous Computing Research Building」。




自然素材を生かした建築や、格子を多用したデザインが特徴的な作品を多く手がける隈研吾氏。

そんな世界的に有名な建築家である隈研吾氏が東京大学にユビキタスコンピューティング研究所の施設をデザインしたのが今回紹介する作品。

隈研吾氏がデザインした東京大学にあるビル。

なんでもコンクリートや金属、石などの硬質材料からなるキャンパスのイメージを払拭し、木と土などの天然素材でつくられたソフトな建物をということで設計されたのだそう。

隈研吾氏がデザインした東京大学にあるビル。

隈研吾氏らしい自然素材を生かした建築や、格子を多用したデザインが目をひくファサード。

隈研吾氏がデザインした東京大学にあるビル。

隈研吾氏がデザインした東京大学にあるビル。

隈研吾氏がデザインした東京大学にあるビル。

隈研吾氏がデザインした東京大学にあるビル。

隈研吾氏がデザインした東京大学にあるビル。

また、建物の中心には柔らかい膜で覆われた臓器のような開口部が内包されているよう。

隈研吾氏がデザインした東京大学にあるビル。

背面には日本庭園があります。

格子配列が、キャンパス内に光と風の穏やかな有機的な流れを発生させる素敵な研究所のデザインですね。




関連記事:

富山県の富山市呉羽町にある隈研吾がデザインした角材が印象的なカフェ「カフェ・クレオン(呉音)」 | ONE PROJECT

世界中の名だたる建築家が考えた「犬」のための家 | ONE PROJECT

太宰府天満宮にあるスターバックスは、2000本の木材を織り交ぜ日本の伝統建築と見事に調和したつくりになっている。 | ONE PROJECT

参考:

kengo kuma clads campus building with layered timber slats

kengo kuma and associates | Architecture

Facebook にシェア
[`evernote` not found]