1. TOP
  2. 世界の町並みや風景など
  3. どこか違和感のあるちょっと危ない風景写真

どこか違和感のあるちょっと危ない風景写真




なんとなく何処か違う・・・なんとなくどこか違和感があるこの風景写真。どこに違和感があるのかはこれからの記事をみてご判断ください。

ちなみにこの写真はRobert Rickhoff氏によってデザインされました。

どこか違和感のある風景写真

まずはこちら。なんと滑り台の位置がとてもおかしい場所に。このままじゃ事故が起きてしまうこと必至です。

どこか違和感のある風景写真

つづいてこちら・・・緩やかな勾配の先には何と溝が。一旦ハマったら抜け出すことが出来ない罠のような道路。

どこか違和感のある風景写真

なぜ、線路の上にパーキングが・・・と思いたくなってしまう写真。

どこか違和感のある風景写真

一体どうやって用を足すのでしょうか。

一応クライミングスペースがありますが・・・。

どこか違和感のある風景写真

こちらもあり得ない場所に遊具が・・・。このままだとおそらく車にひかれてしまうでしょう。

どこか違和感のある風景写真

 

全然楽しくないブランコ。

裏路地にブランコがあるのはいいのですが、これではブランコの楽しみが奪われてしまっています。

どこか違和感のある風景写真

「わ〜楽しいな〜・・・」と思ったら、途中からストンと直角に落ちることになっている滑り台。

どこか違和感のある風景写真

横断歩道にスケボーの技を決めるスロープがあります。

どこか違和感のある風景写真

歩道が工事中のため、車道を渡るしかないという悪魔の道。

どこか違和感のある風景写真

歩行器のようなものがたくさんあります。

どこか違和感のある風景写真

お墓の上にゴミ箱が。

どこか違和感のある風景写真

 

なんとみんな、車いす専用の駐車場。

どこか違和感のある風景写真

高速道路の車道にテニスコートが。

どこか違和感のある風景写真

ベンチち滑り台が合体しちゃいました。

どこか違和感のある風景写真

横断歩道の線が盛り上がっています。

どこか違和感のある風景写真

小さなサッカー場の中にはバスケットボールのゴールが。

どこか違和感のある風景写真

なんと飛び込み台が逆についてしまっています。

どこか違和感のある風景写真

スロープに乗ったら壁に勢いよく激突してしまうスロープ。

どこか違和感のある風景写真

速度を落とす為のもっこり部分が電車の線路についてしまっています。

どこか違和感のある風景写真

高速道路の中に横断歩道・・・そして遊具がついています。

これは命がけですね。

もちろんここで紹介した写真は全て写真家によってつくられたものであり実際には存在しない写真ですが、非常に面白い写真であることには間違いありません。




関連記事:

すべて食べ物を使って表現した、現実の世界とファンタジーの世界が融合した、風景写真2 | ONE PROJECT

すべて食べ物を使って表現した、誰もみたことのないファンタジーな世界の風景写真。 | ONE PROJECT

この世のものとは思えない美しい霧がたちこめる朝もやの自然風景写真。 | ONE PROJECT

ファンタジーに出てきそうなヨーロッパにある壮大なる自然風景写真。 | ONE PROJECT

参考:

Out of Place

Facebook にシェア
[`evernote` not found]