1. TOP
  2. 住宅デザイン
  3. なんだこれは!直径8メートルの大きな車輪の中のお家「In Orbit」

なんだこれは!直径8メートルの大きな車輪の中のお家「In Orbit」




あなたはこの動画をみてどのような感想を抱くでしょうか。

まずは以下の動画をご覧下さい。

そう、なんとこれは大きな車輪の内外で生活する人の映像。実際に10日間住んでみたと言うのですから驚きです。

車輪の大きさはなんとビル3階建ての大きさに匹敵する直径8メートル。

自らこの巨大な車輪をつくりそして実際に生活をしてみたのは建築家兼芸術家のAlex Schweder氏とWard Shelley氏です。

なんだこれは!大きな車輪の中のお家「In Orbit」

直径8メートルの大きな車輪の内外には、ベッド、デスク、チェア、タンス、キッチン、そして浴室までもがあり、生活するには十分な機能が組み込まれています。

でも水は何処から供給されるのだろう・・・どうやってお風呂に入るのだろう・・・という質問は愚問です。

なんだこれは!大きな車輪の中のお家「In Orbit」

大きな車輪の中にはどのように入るのかって?それは上の写真のようなおしゃれな階段を昇ることで車輪の中に入ることが出来ます。

なかなかオシャレだと思いませんか?

なんだこれは!大きな車輪の中のお家「In Orbit」

車輪の中にいる人と、車輪の外にいる人で交互にうまい具合に連携を取り合い内外に設置されたデスクや浴室などに移動します。

なんだこれは!大きな車輪の中のお家「In Orbit」

車輪の内側にいるAlex Schweder氏がベッドに横なっている様子。

なんだこれは!大きな車輪の中のお家「In Orbit」

こちらはデスクで仕事中。

車輪の内側に住んでいるAlex Schweder氏はいいかもしれませんが、車輪の外側に住んでいるWard Shelley氏は落下のリスクがあるため、非常に大変そう。実際に二人で住んでみると綿密な連係プレーが必要になりかなりストレスがかかりそうです。

 

ONE PROJECT編集部 オススメ記事:

・世界中の住宅建築を知り尽くした住宅建築のプロによる、世界に一つだけのこだわりの家のつくりかたを探している方はこちらの記事を合わせてお読みください:理想の家づくりに向けて

・世界中の住宅建築のデザインをお探しの方は合わせてこちらをお読みください:世界の住宅建築




関連記事:

まるで兵器のような形をした物体。その正体は移動可能なシェルター「Secret Operation 610」 | ONE PROJECT

参考:

Two Artists Live and Work on a Giant Rotating Hamster Wheel for 10 Days | Colossal

Alex Schweder | In Orbit

Facebook にシェア
[`evernote` not found]