1. TOP
  2. 世界の町並みや風景など
  3. 藤本壮介とWang Shuにより設計された、オーストリアにある村人たちを繋げるバス停(バスストップ)

藤本壮介とWang Shuにより設計された、オーストリアにある村人たちを繋げるバス停(バスストップ)




人口が1000人ほどしかいないオーストリアのクルンバッハ(Krumbach) 。そんなクルンバッハで観光客誘致の為の施策として建てられたこのバス停。

日本人建築家の藤本壮介氏と中国を拠点として活躍する建築家Wang Shu’s Amateur Architecture StudioのWang Shu氏ら七人の建築家が集められつくられました。

オーストリアにある村人たちを繋げるバス停(バスストップ)

まずこちらは藤本壮介氏の作品「Bränden bus stop」。藤本壮介氏らしい作品となっており、幾つもの細いスチールロッドの中に階段を組み、階段を昇ることでクルンバッハの素晴らしい景色を楽しむことが出来るように工夫されています。

バスに乗る人もバスに乗らない人もバス停で出逢うことの出来る、一種のランドマークのような存在として機能するバス停。透明の森に囲まれたタワーを昇ることにより、バス停に集まった様々な人たちとクルンバッハの美しい町並みや景色を楽しむことが出来ます。

オーストリアにある村人たちを繋げるバス停(バスストップ)

プリッツァー賞を受賞したWang Shu and Lu Wenyu of Hangzhou firm Amateur Architecture Studioによって建てられたのは「Glatzegg bus stop 」と呼ばれる作品。

クルンバッハの美しい自然風景をみることを目的としたデザインです。穏やかなそよ風や太陽の光をふんだんに取り入れることが出来ます。

オーストリアにある村人たちを繋げるバス停(バスストップ)

つづいて「Unterkrumbach Süd bus stop」と呼ばれる作品。Architecten De Vylder Vinck Taillieunによって制作されたものです。一枚の板を使い制作されたもの。

オーストリアにある村人たちを繋げるバス停(バスストップ)

つづいてこちらはAntón García-Abril and Débora Mesa of Ensamble Studioによってデザインされた「Unterkrumbach Nord bus stop」と名付けられたバスストップ。

地元の材木を積み重ね作成されたバスストップです。

オーストリアにある村人たちを繋げるバス停(バスストップ)

つづいてAlexander Brodskyによってデザインされたバス停は「Oberkrumbach bus stop」 とよばれるもの。

オーストリアにある村人たちを繋げるバス停(バスストップ)

Rintala Eggertsson Architectsによって制作されたものは「Kressbad bus stop」 と呼ばれるもの。後ろにあるテニスコートと併設される形でつくられました。

オーストリアにある村人たちを繋げるバス停(バスストップ)

最後にSmiljan Radicがデザインした「Zwing bus stop」。ガラス張りとなっており、雨、風をしのぐことが出来ます。またクルンバッハの壮大な景色も楽しむことが出来るという設計。

こうしたちょっと変わったバス停があると思わず降りてみたくなるものです。こういったバス停が増えればバスの旅がとっても面白くなりそうですね。

関連記事:

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバス停(バスストップ)。 | ONE PROJECT

【世界の広告】バス停を使い巨大なオーブンと見立てたカフェの広告。 | ONE PROJECT

ロシアにある常識では考えられないバス停。 | ONE PROJECT

待っている時間を楽しむことができる世界の面白いバス停たち。 | ONE PROJECT

藤本壮介の手がけた5つの建物がふぞろいに連なっている建築物、東京アパートメント。 | ONE PROJECT

全面ガラス張りで、いろんな意味でみるものの眼を奪う東京にある建築物「House NA」 | ONE PROJECT

参考:

World famous architects design bus stops for an Austrian village

Sou Fujimoto Architects / 藤本壮介建築設計事務所