1. TOP
  2. アート・デザイン
  3. 一世を風靡したエアマックス95から現在に至るまで、エアマックス(AIR MAX)のデザインの歴史をたどる1996~2014

一世を風靡したエアマックス95から現在に至るまで、エアマックス(AIR MAX)のデザインの歴史をたどる1996~2014




前回も紹介したナイキ(NIKE)のエアマックス(AIR MAX)の歴史。前回は初代エアマックス(AIR MAX)から一世を風靡したエアマックス(AIR MAX)95までを紹介しましたが、その後も現在に至るまでエアマックス(AIR MAX)は少しずつデザインを変えることでシリーズは続いています。

そんなエアマックス(AIR MAX)ですが、今回は96から2014まで紹介することとします。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

NIKE AIR MAX 96 – 1996年

まずこちらはエアマックス(AIR MAX)96。エアマックス(AIR MAX)95と比べるとかなりスニーカーっぽいデザイン。

悪く言えば95と比べ安っぽい印象を受けますね。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

アウトソール部分も95のような細部にまで貫かれた一貫性のあるデザインではありません。色んなものがまざってごちゃごちゃしている印象を持ちます。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

NIKE AIR MAX 96 – 1996年

エアマックス(AIR MAX)96です。95ほどではないにしてもこちらは新たなデザインを開拓することに成功しています。どことなくサメのような、骨のような躍動的なデザインとなっています。

nike_airmax_20140326_09

こちらは横から見た感じ。一貫性があり、良い意味でエアマックス(AIR MAX)95を受け継いでいます。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

NIKE AIR MAX 97 – 1997年

NIKE AIR MAX 97 – 1997年 エアマックス(AIR MAX)も97になると、さらにエアー(軽い)印象に。初代の頃のぼってりとした印象はもうありません。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

アウトソールもこんな感じ。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

後ろから見ると線がとてもキレイにでていることがわかります。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

NIKE AIR MAX 2003 – 2003年

そしてしばらく間をおいてこちらはエアマックス(AIR MAX)03 。ソール全体を覆うようにエアーが組み込まれデザイン的にもガラリと変わりました。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

かかとした部分のぷにっとしたエアーがとても印象的なデザイン。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

アウトソールも一新。グリップ力がすごそう。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

NIKE AIR MAX 360 – 2006年

エアマックス(AIR MAX)もついに06に。一世を風靡した95から十年。スニーカーっぽいデザインに。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

初代のエアマックス(AIR MAX)と一世を風靡したエアマックス(AIR MAX)95を融合させたかのようなデザイン。全体的に軽い印象をもちます。

アウトソールも非常に作り込まれていることがわかりますが、やはり比べてしまうと95には叶わない印象。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

かかとの部分がぺろっとめくれているのがとっても可愛らしいシューズですね。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

NIKE AIR MAX 360 Ⅱ – 2007年

こちらは、エアマックス(AIR MAX)07。よりスニーカーっぽいデザインに。少しだけデザイン的に瞑想しているような印象を受けます。

nike_20140325_30

しかしながら底のエアーはさらに進化を遂げています。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

アウトソールもいい感じ。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

NIKE AIR MAX 360 Ⅲ – 2008年

08年のエアマックス(AIR MAX)は07年とほとんど変化がない印象。もちろん細かい部分は違ってきておりますが見比べないとわかりづらい印象。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

お尻の部分。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

アウトソールも良くも悪くも踏襲されています。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

NIKE AIR MAX +2009 – 2009年

この頃になるとエアマックス(AIR MAX)らしさが徐々に失われていっている気がします。もちろんそれが何かは言葉で表すことはとても困難なのですが・・・。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

スニーカーっぽいエアマックス(AIR MAX)といえばそれまでなのですが、あの輝きは失われてしまっています。もちろんこれはこれで素晴らしいデザインなのでしょうが、感動はありません。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

後ろから見ると少しだけ安っぽい印象。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

NIKE AIR MAX +2010 – 2010年

おやっと思わせるデザイン。エアマックス(AIR MAX)の新時代を予感させるデザインです。

nike_20140325_37

NIKE AIR MAX +2011 – 2011年

さらに進化がすすんできました。新しいエアマックス(AIR MAX)、次のエアマックス(AIR MAX)がとても楽しみになります。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

アウトソールはシンプルな中にも細部に工夫が施されています。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

メッシュがいい感じ。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

NIKE AIR MAX +2012 – 2012年

おや・・・。どうしてこうなってしまったのでしょうか。 前回までのデザイン的な路線を全てぶちこわしてしまうかのようなエアマックス(AIR MAX)12。

新しい層を獲得するという意味では有効なのかもしれませんが、悪い意味でエアマックス(AIR MAX)という名前を裏切ってしまっています。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

もちろんこれ単独で新しいブランドとして出すのだとしたらありなのかもしれませんが、エアマックス(AIR MAX)というシリーズでは受け入れることが出来ません。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

アウトソールはこんな感じ。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

NIKE AIR MAX +2013 – 2013年

エアマックス(AIR MAX)13です。これはこれでありなのかもしれませんが、もうあの頃の感動は失われてしまっています。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

後ろから見たエアマックス(AIR MAX)13。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

アウトソール。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

NIKE LUNA 90 – 2014年

つづいてこちらはNIKE LUNAと呼ばれるエアーマックスのニューカマー。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

やっぱり、どことなく野暮ったい雰囲気ですね。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

NIKE AIR MAX 2014 – 2014年

最後にこちらはエアマックス(AIR MAX)14。どことなく新時代のエアーマックスを予感させますが・・・また来年悪い意味でエアマックス(AIR MAX)らしさをぶちこわされてしまうのが少し怖いデザイン。

nike_air_27th-20140317_001-thumb-660xauto-264831

そして今年でナイキのエアマックスは27年ということで初代の復刻版モデルが販売されています。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

後ろから見た初代エアマックス復刻版。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる1996~2014

なかなかいい感じ。

この流れを汲取り、良い意味でエアマックスのデザインを踏襲し、どんどんと進化していってほしいと思います。果たして私たちは、エアマックス(AIR MAX)というシリーズであの95のような感動をこの先味わうことが出来るのでしょうか。

良くも悪くも、エアマックス(AIR MAX)というシリーズで私たちがみたいのはあの95をしのぐ感動なのですから。

関連記事:

一世を風靡したスニーカー、エアマックス(AIR MAX)のデザインの歴史をたどる1987~1995 | ONE PROJECT

暑い夏にぴったり!まるで忍者のような、くさりかたびらのシューズ。 | ONE PROJECT

なんだこれは!3Dプリンタを使用してつくった目を疑いたくなる程奇抜なハイヒール12選。 | ONE PROJECT

世界一履きづらいハイヒールを履くと人はどうなるのか? | ONE PROJECT

コウノトリのハイヒールなど、動物をかたどった常識では考えられない変な形をしたおしゃれなハイヒール9選 | ONE PROJECT