1. TOP
  2. アート・デザイン
  3. 一世を風靡したスニーカー、エアマックス(AIR MAX)のデザインの歴史をたどる1987~1995

一世を風靡したスニーカー、エアマックス(AIR MAX)のデザインの歴史をたどる1987~1995




一世を風靡したナイキ(NIKE)のエアマックス(AIR MAX)。とりわけエアマックス95は爆発的な人気をたどり、スニーカーであるにもかかわらずプレミア価格がついたりとエアマックス狩りが行われるなど社会現象を引き起こしてきました。

そんなナイキ(NIKE)のエアマックス(AIR MAX)ですが、実は1987年から販売されているのをあなたはご存知だったでしょうか。

今回は、エアマックス(AIR MAX)の歴史を紐解くことでエアマックス(AIR MAX)のデザインの変遷をみていきたいと思います。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

NIKE AIR MAX 1 – 1987年

まずはこちらエアマックス87から。上の写真はNIKE AIR MAX 1の広告です。エアーの部分が竹取物語の光る竹のごとく光り輝いています。で、実際のNIKE AIR MAX 1はどんなスニーカーに仕上がっているのかというと。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

上の写真のような感じに。現代のデザインからみると、あか抜けない感じでまだまだこれからといった感じ。 しかしながら初代エアマックス(AIR MAX)からしっかりとエアマックス(AIR MAX)のチャームポイントであるソール部分のエアは表現されています。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

こちらはアウトソール。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

色違いの赤。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

後ろから見るとこんな感じ。ナイキ(NIKE)のエアマックス(AIR MAX)のロゴは初代から同じ。ナイキ(NIKE)のマークの下に「AIR」の文字がきちんと刻印されています。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

NIKE AIR MAX LIGHT – 1989年

つづいてエアマックス(AIR MAX)89の広告。ダダダダっと男性が走ることで足下の軽さを表現しているようにみえます。実際のエアマックス(AIR MAX)はどんなのかというと・・・

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

こんな感じ。初代より少しデザイン的に工夫が施されています。初代エアマックス(AIR MAX)は、どちらかというとシンプルなのですが、二代目となると、少しずつデザインが複雑になってきているような気がします。

しかしながらエアマックス(AIR MAX)のチャームポイントである、エアーがしっかりと表現されているのはやはり同じ。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

アウトソール部分にもしっかりとナイキ(NIKE)の文字が刻まれています。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

後ろから。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

NIKE AIR MAX 90 – 1990年

つづいてこちらはナイキ(NIKE)のエアマックス90の広告。段々とデザイン的に洗練されてきましたね。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

アウトソール部分も中々いい感じに仕上がってきました。また全体的にぼってりとした印象の丸形から少しシャープな印象に。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

こちらは水色のエアマックス(AIR MAX)90。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

後ろからみたナイキ(NIKE)エアマックス(AIR MAX)90。エンブレムのデザインにも磨きがかかってきました。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

NIKE AIR MAX BW – 1991年

エアマックス(AIR MAX)91ともなるとさらにぐっとシャープな印象に。ますますデザインが洗練されてきました。丸い印象からさらにシャープな印象に。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

NIKE AIR 180 – 1991年

エアマックス(AIR MAX)は、91年にはまた違ったデザインのモデルも用意されていたようです。それがこちら「NIKE AIR 180 」と呼ばれるもの。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

コチラのデザインはエアーがアウトソール部分まで及んでおり、すれることで穴があいてしまうのではないかと少しだけ心配になってしまいます。デザインも今までの路線とは少し違う気がします。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

アウトソール部分。裏側から見るとむき出しのエアー部分がとっても美しい印象を受けます。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

こちらはバックから。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

 

NIKE AIR MAX 93 – 1993年

つづいてさらにデザインに磨きがかかったエアマックス(AIR MAX)93。エアーの部分がかかと下までざっくりとみえており、クッション性は抜群。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

NIKE AIRの文字がアウトソールでも主張されています。自信のあらわれでしょうか。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

後ろからみるとこんな感じ。まるで稲妻のような線が印象的なライン。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

NIKE AIR MAX 94 – 1994年

少しだけ丸みを帯びた印象に変化。NIKE(ナイキ)のロゴマークがのっぺらんとした印象になってしまいました。

nike_airmax_20140326_08

アウトソールも今までの進化とは違い少しだけ劣ってしまった印象。しかしこれはもしかしたら次のエアマックス(AIR MAX)への序章だったのかもしれません。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

NIKE AIR MAX 95 – 1995年

つづいてこちらがあの伝説のエアマックス(AIR MAX)95。購買意欲を刺激される文句なしのデザイン。こうしてみると、あれだけ一世を風靡したスニーカーということが納得できます。サイドのグラデーションも洗練されています。今見ても、素晴らしいデザイン。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

主張しすぎないナイキのロゴもいい感じです。

エアーマックスのデザインの歴史をたどる

今までのエアマックスと違い、ガラッと印象を変えてきています。靴ひもを通す部分もデザインが凝っており、全体的なデザインとうまく調和しています。

サイドの上から下にかけたグラデーションや後ろから前へ段々となっているデザイン。アウトソールもものすごくデザイン的に趣向が凝らされており、どの角度から見ても惚れ惚れとしてしまうデザイン。

プレミアがついたのも納得できますね。

関連記事:

外で走ったりクライミングしたりできる靴下「PROTECTION SOCK」 | ONE PROJECT

暑い夏にぴったり!まるで忍者のような、くさりかたびらのシューズ。 | ONE PROJECT

なんだこれは!3Dプリンタを使用してつくった目を疑いたくなる程奇抜なハイヒール12選。 | ONE PROJECT

世界一履きづらいハイヒールを履くと人はどうなるのか? | ONE PROJECT

コウノトリのハイヒールなど、動物をかたどった常識では考えられない変な形をしたおしゃれなハイヒール9選 | ONE PROJECT

参考:

【まとめ】ナイキ エアマックスが誕生27周年 歴代モデルを画像で振り返る – 1ページ目 | Fashionsnap.com