1. TOP
  2. アート・デザイン
  3. 浮き輪のようにふくらませることで座ることが出来る椅子

浮き輪のようにふくらませることで座ることが出来る椅子




これから紹介するのは、空気で膨らませて使う透明な椅子。

まずは以下のの動画をご覧下さい。 透明な椅子「anda」が家に届き、さらに組み立て、快適に座る様子が収められている動画です。

如何でしたでしょうか。ちょっぴり粗雑な印象は受けますが、これはこれでナイスなデザイン。届く前の楽しみと、組み立てるときのワクワク感、さらに実際に座ったときの快適感。

この椅子を注文し、使うまでに3つの楽しみを享受することができます。

ふくらむ椅子

完成した椅子「anda」は上の写真の通り。まるでプールで使う浮き輪のように膨らませることでこの椅子に命が宿ります。さらに組み立てると時の動画をご覧頂ければわかりますが、簡易的に組み立てることが可能。

ドライバーひとつあれば女性一人でも5分程度で組み立てることが出来るでしょう。

ふくらむ椅子

空気で膨らんだ椅子である為、自然なふくらみを体感することが出来そう。

ふわっふわとまるで子供の頃に夢見た雲の上に乗っているかのような気分に浸ることができるかもしれません。

ふくらむ椅子

こちらは後ろか見た図。

ちょうど黒い弁から空気を入れることになります。

ふくらむ椅子

 

快適に座っている様子。

肘掛け部分が特に気持ちが良さそうですね。

ふくらむ椅子

透明な素材の為、自分がどのよう座っているのか、普段見ることが出来ない側面を確認することが出来そう。

ふくらむ椅子

椅子は上段の部分と、下段の部分の二層構造になっています。

上の段はちょうど杭をビニールの穴に射し込む形になるので少々不安定感は否めないですが、これはこれで愛嬌ということで。いずれにせよワクワクする製品だということには違いはありません。

関連記事:

人間工学に基づいてつくられた為あなたの背中にフィットする!!椅子の形が変更可能なキャタピラみたいなデザインの椅子「Linked Chair」 | ONE PROJECT

これはなんだ!?一体どうなっているのと思ってしまう宙に浮く椅子 | ONE PROJECT

ラグにも椅子にもなるラグ | ONE PROJECT

ロール状に巻き取られたプリーツ紙の束を、野菜の皮のように一枚一枚剥いていくことで出来た椅子「cabbage chair」 | ONE PROJECT

オットマンになったりローテーブルになったり、ラウンジチェアに早変わりする椅子「GVAL CHAIR」 | ONE PROJECT

参考:

tehila guy inflates anda armchair of translucent and wooden parts




Facebook にシェア
[`evernote` not found]