1. TOP
  2. アート・デザイン
  3. これはなんだ!?一体どうなっているのと思ってしまう宙に浮く椅子

これはなんだ!?一体どうなっているのと思ってしまう宙に浮く椅子




宙に浮く椅子のご紹介です。

なんとこの椅子、椅子の脚に切れ目があるのですが、それにもかかわらず、この不安定な椅子それ自体で直立することが出来ます。しかもそれだけではなく、実際に座ることが出来ると言うのですから驚きです。

まあ、椅子とは本来座るものなのですがね。

Cut-Chair-side-Peter-Bristol

上の写真がその噂の椅子。確かに浮いているように見えます。

Cut-Chair-Peter-Bristol-0-600x381

こちらは同じデザインのものの色違い。こうしてみると、これからマジックがはじまるような・・・それとも今この瞬間、マジックに掛けられているかのような・・・そんな気がしてきます。

Cut-Chair-Peter-Bristol-2-600x357

デザイン的には赤の方がおしゃれ?

Cut-Chair-Peter-Bristol-6-600x421

この椅子、どうして宙に浮くことが出来るかわかりますか?答えはあとで・・・。

Cut-Chair-Peter-Bristol-1-600x402

この角度にヒントがあります。よ〜く観察してくださいね。どの写真にもこの写真が宙に浮くヒントが隠されています。

Cut-Chair-Peter-Bristol-5-600x408

この写真をみてわかったひとも多いのではないでしょうか?

え?実は切れてない?ノンノン、そんなことはありません。この椅子はきちんと切断されています。

Cut-Chair-Peter-Bristol-3-600x399

え?マグネットですって?

ノンノン。そんなことはありません。強力なマグネットによって浮かせている訳ではありません。

Cut-Chair-Side-View-with-foot-600x382

こんな風にしても大丈夫。大の大人が乗っても壊れません。

Cut-Chair-Peter-Bristol

答えを言いましょう。実はこの椅子、マットの下に固い鉄板が配置されてあり、椅子の脚を固定しています。

Cut-Chair-illustration-Peter-Bristol-600x347

要するにこんな感じ。

ネタばらしをしてしまえば、「な〜んだ、そんなことか」と思ってしまいますが、そこにこそ手品の面白さがあるのかもしれませんね。

まあ、これは手品用の椅子ではありませんが・・・。ちなみにこの椅子はPeter Bristol氏によってデザインされました。

参考:

Cut Chair | Peter Bristol




Facebook にシェア
[`evernote` not found]