1. TOP
  2. 世界の町並みや風景など
  3. 本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバス停(バスストップ)。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバス停(バスストップ)。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ12




今までも世界にある変わったバス停を紹介してきましたが今回紹介するバス停も、負けじ劣らず、変わったバス停達ばかりです。

本当にとまってくれるのか心配になってしまうほどバス停っぽくないバス停を今回はご紹介します。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ

まず始めに紹介するのはブラジルのバス停。少しだけ近未来の予感を感じさせるバス停です。チューブ型になっており、雨風がしのげるバス停となっています。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ2

続いてこちらはブラジルにあるバス停。サッカー王国ブラジルらしくバス停がサッカーゴールになっています。

間違ってもシュートをしないようご注意ください。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ3

つづいてこちらは日本にあるバス停。ストロベリーの形をしたかわいらしいバス停です。・・・おいしそうです。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ4

こちらはヨセミテ国立公園にあるバス停です。どこで待てば良いのかよくわからなくなってしまいます。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ5

ハンモックのバス停です。ゆらゆらとハンモックに揺られながらゆっくりとバスを待つことができそうです。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ7

一枚のコンクリートで出来ているバス停は、ミニマリストであり建築家のJusto García Rubío氏がデザインしたもの。スペインにあるようです。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ8

イングランドの南部州、コーンウォールにあるバス停です。あまりの居心地の良さにおばあさんがくつろいでしまっています。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ9

エストニア共和国にあるのはかわいらしい小さなおうちのようなバス停。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ10

果物の形のバス停はやはりにほんのものです。こちらはスイカのバス停ですね。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ11

ギリシャのアテネにあるバス停は、バスが3つ並んだような不思議な形をしたバス停です。本当にここがバス停なのかと思うほど雑?なバス停となっています。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ12

イギリスのロンドンにあるバス停にはなんとブランコがついています。ぶらぶらとブランコを楽しみながらバスを待つことができます。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ13

ドイツにあるバス停は少しおしゃれな感じ。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ14

こちらもまたイングランドにあるバス停です。バス停の屋根が緑で溢れています。

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ15

本当にとまってくれるのか心配になるほど、世界のおかしなバスストップ16

こちらはフランスのパリにあるバス停です。バス停の中にあるタッチパネルを自由に操作できるようになっている先進的なバス停です。

世界には本当にいろいろなバス停がありますね。

参考:

15 Unusual and Creative Bus Stops

関連記事:

【世界の広告】バス停を使い巨大なオーブンと見立てたカフェの広告。 | ONE PROJECT

ロシアにある常識では考えられないバス停。 | ONE PROJECT

待っている時間を楽しむことができる世界の面白いバス停たち。 | ONE PROJECT