1. TOP
  2. アート・デザイン
  3. ワイヤーハンガーの形状をうまく利用した、ワイヤーハンガーで出来たアート作品。

ワイヤーハンガーの形状をうまく利用した、ワイヤーハンガーで出来たアート作品。

ワイヤーハンガーを使った作品6




通常、服等を掛ける時に使うワイヤーハンガー。

工夫すればいろいろな使い方ができることもメディア等を通して知れ渡っているが今回紹介するのは、なんとワイヤーハンガーをアート作品にしてしまった例。

どの作品も、ワイヤーハンガーの形状を使い、見事に様々なものを表現してしまっている非常に面白い作品に仕上がっている。

ワイヤーハンガーを使った作品

あえて、もともとのワイヤーハンガーのひっかけ部分を残すことによって、ワイヤーハンガーで出来た作品だということを示しているアート作品。

ネコや犬等とても上手に表現できている。一番右側のものはダックスフンドだろうか。

ワイヤーハンガーを使った作品2

続いてワイヤーハンガーで出来た眼鏡。こんな眼鏡をかけていたら、街中で注目を浴びること間違いなしだろう。

ワイヤーハンガーを使った作品3

続いて左側は手、右側は何かをコップで飲む人だろうか。ワイヤーハンガーの引っ掛ける部分を利用して、見事にコップの持ち手を表現してしまっている。素晴らしい。

ワイヤーハンガーを使った作品4

続いて車とヨット。左上はワイヤハンガーのフックの部分が車のトランクに、その下は車の座席の部分を表現している。

右側のよっとについてもワイヤーハンガーのフックの部分をうまく利用して作品がつくられている。

hanワイヤーハンガーを使った作品5ger05

左はアヒル、右側にひよこだろうか。どれも、ひとつつながりで出来た作品。

ワイヤーハンガーを使った作品6

ふたりのひと。照明を当てるとまた違った楽しみ方をすることが出来る。

ワイヤーハンガーを使った作品7

サッカーとゴルフをする人。夏休みの自由研究にこんな作品をつくっていったらみんなに驚かれるかもしれない。

ワイヤーハンガーを使った作品8

さいごにサソリ。

どの作品もワイヤーハンガーの特性をつかい、見事なアートとして昇華されている。

 

デザイナー:Colgate Searle

参考:

colgate searle: wire hanger sculptures