1. TOP
  2. アート・デザイン
  3. まるで地球外生命体のような、プラスチックで出来た奇抜な建築物「Aqua-scape(アクアスケープ)」

まるで地球外生命体のような、プラスチックで出来た奇抜な建築物「Aqua-scape(アクアスケープ)」

aqua-scape1




プラスチックを織物のように折り曲げることによって、ユニークな空間を創り上げられた建築物があります。

「Aqua-scape(アクアスケープ)」という名前のその作品は,すべてがプラスチックの素材によって構成されており、独特なその形状は折り紙を折り曲げた時に出来る模様を彷彿とさせる奇抜な建築物です。

この作品Aqua-scape(アクアスケープ)はF.A.D.S+fujiki studioによって制作されました。

 aqua-scape1

こちらがAqua-scape(アクアスケープ)です。表面は柔らかいプラスチックを折り曲げたような素材感によって形成されています。

 aqua-scape2

遠くからみるとこんな感じ。まるで地球外生命体のような雰囲気をかもし出しています。

 aqua-scape10

柔らかいプラスチック素材を折り曲げた時に出来る凹凸を利用し、構造的に強くする形態抵抗構造のアイデアを練り込むことでこの空間は形作られているとのこと。

 aqua-scape9

また、この建築は、一枚のシートを折り曲げてできる形でつくられており、同時に1m×4mの素材を織物のように編み込むことで、大きな空間を作り出すことに成功したのだそうです。

 aqua-scape3

Aqua-scape(アクアスケープ)はすべてプラスチック、ポリカーボネートと中空ファイバー状のポリエチレン・クッション材のダブルスキンで構成されています。

 aqua-scape4

アップでみると、気泡のようなクッション材が印象的です。

 aqua-scape13

クッション材が柔らかいプラスチック素材の中に充満していることがよくわかります。

 aqua-scape5

実際に人が入ると、そこにはなんともいえない不思議な空間が広がっています。

 aqua-scape6

子供達が気持ち良さそうに座り、ニヤッした表情でこちらを向いています。

 aqua-scape12

子供達がとてもうれしそうですね。

 aqua-scape7

子供の頃、こういった世界空間が非常に好きだったことを思い出します。

 aqua-scape8

LEDを使えばこんなに素敵に・・・。

 aqua-scape11

ちなみに、海外サイトArchitype Sourceによると、プラスチックを使ったこの作品の作成コストは200万円だそうです。

参考:

Aqua-scape The Orangery version | Fujiki Studio

F.A.D.S Fujiki Architectural Design Studio 一級建築士事務所 藤木建築研究室

Welcome to Fujiki Studio, KOU::ARC

F.A.D.S + fujiki studio: aqua-scape in the orangery, england