1. TOP
  2. アート・デザイン
  3. 花びらのように放射状に繋ぎあわされたスチール製のホイールで走る近未来型の自転車「Two Nuns Bicycle」

花びらのように放射状に繋ぎあわされたスチール製のホイールで走る近未来型の自転車「Two Nuns Bicycle」

two nuns sprung steel wheel bike




RON ARAD(ロン・アラッド)といえばブックワームを代表とした作品で、世界的に有名なデザイナーの一人ですが、そのRON ARAD(ロン・アラッド)が、新たに誰もが思いつかないほど奇抜なデザインの自転車を発明しました。

形は一般的な自転車のそれと同じなのですが、ホイールの部分が実に精巧にできており、一風変わった素材で出来た、ほどよい弾力につつまれながら走ることができるホイールとなっています。

two nuns sprung steel wheel bike2

なんとこのホイール。一般的な自転車のホイールと違い、すべてスチールで出来ています。適度に柔らかく、しなやかにスチール素材を曲げそれを放射線状に繋ぎあわせることでひとつのタイヤとして機能しています。

放射線状に繋ぎあわされたスチールの数は18個。花が開いたかのように美しい形状のタイヤとなっています。

Ron-Arad-Bike

自然な弾力のあるスチールを利用することでクッション性にすぐれ、スムーズに走らせることができるようです。

two nuns sprung steel wheel bike

自転車にホイールをつけるとこんなデザインに。近未来的な感じがする自転車ですね。一般的な感覚からすると、これが道を走ることができるとはどうしても思えません。

two nuns sprung steel wheel bike3

でも、本当に道を走ることが出来ます。自転車が動いている動画をみる限り、ほどよい弾力でスムーズに走ることができるようです。

two nuns sprung steel wheel bike4

ご覧の通り、ホイールすべてがスチール(鋼)で出来ています。

一般的に公道を走っている自転車はハブ、車軸、ベアリング、スポーク、チューブ、ゴム製タイヤなどを含む、多くの異なった部品や材料から構成されていることを考えるとスチールだけで構成されている、ということがどれだけ常識はずれなのか容易く理解できます。

two nuns sprung steel wheel bike5

こうしてみると自転車Two Nuns Bicycleのホイールが本当に花開いているかのようにみえます。見た目も美しい自転車です。

two nuns sprung steel wheel bike6

RON ARAD(ロン・アラッド)氏が自転車Two Nuns Bicycleを片手で掲げています。一般的な自転車と比べてホイールは大きめにつくられているそうです。

two nuns sprung steel wheel bike7

こちらが自転車Two Nuns Bicycleを置いたときの状態。超カッコいいですね。こんな自転車を乗り回していたら注目の的になること間違いなしです。

Two Nuns Bicycleが実際に走る様子は以下の動画でご覧頂けます。

ついでにもう一本用意しました。こちらの動画もいい感じです。

動画をみたところ、自転車に普通に乗れていますね。また肩にのせ持ち運んでいる姿を見る限り、それほど重くはないのかもしれません。

デザイナーRON ARAD(ロン・アラッド)の公式ホームページはこちら:Ron Arad – home

参考:

ron arad: two nuns sprung steel wheel bike

Designer Ron Arad Reinvents the Wheel | Crisp Green

Ron-Arad-Designed Bicycle with Spring Steel Wheels Up for Auction – Core77

Soft-Ride Bike Has Steel Tires, And You Can Ride It Now | Co.Design: business + innovation + design