1. TOP
  2. アート・デザイン
  3. 意図的につくられたソファーの隙間にあらゆるモノを挟むことができるソファ。元木大輔氏による「Lost in sofa」

意図的につくられたソファーの隙間にあらゆるモノを挟むことができるソファ。元木大輔氏による「Lost in sofa」

Lost in sofa5




あなたはソファーの隙間に何を想像するでしょうか。

ソファーにはいくつもの隙間があり、その隙間に手をそっと挟み込み探ってみると、無くしたと思っていたものが挟まっていた。そんな経験がある方も珍しくはないのではないでしょうか。

ちょっとした思い出の品やポケットからずり落ちたコイン、その隙間の空間にはたくさんの思い出があり生活が詰まっています。

そうなのです。ソファの隙間にはいつもいろいろなものが潜んでいます。

Lost in sofa2

この小さな正方形のキューブをいくつも重ねあわせたように出来たソファにはたくさんの隙間があります。これらはすべてデザイナーの元木大輔さんにより意図的につくられた隙間です。

このソファーは「Lost in sofa(ソファーの中のなくしもの)」といい、わざとソファーに隙間をたくさんつくることにより、様々なものを挟み込めるようになっています。

つまりソファーの隙間にモノを収納できるようになっているユニークな味わいをもつソファーだということです。

Lost in sofa3

ソファーは柔らかい素材で出来ているので上のように軽く持ち上げることでいくつもの空間を生み出すことが出来ます。写真では文庫本を挟もうとしていますね。

Lost in sofa4

その隙間に綺麗な花を挟み込んでみました。ソファーから花がはえている・・・不思議な感じがしませんか。

いったい挟み込まれたものはどんなふうになっているのでしょう。

Lost in sofa5

さきほどソファーに挟み込まれた文庫本と、花がみえます。なるほど。隙間にモノを挟み込むことにより、そのモノ自身もインテリアとして機能するというわけですね。

ソファーをいろんなモノで飾りつけをしたくなる・・・そんなソファーです。

Lost in sofa6

なるほど、コーヒーのカップやTVのリモコンなども挟み込むことが出来るようです。洒落(しゃれ)たアイデアです。

Lost in sofa1

ソファーの隙間にiPhoneなども挟み込むことも出来るようですね。これならソファーに座っても置き場所に困ることなくiPhoneを使用することができそうです。

また読みかけの新聞や雑誌なども挟み込むことも出来そうですね。

現在子供用のLost in Sofa for kidsも発表されています。子供用のLost in sofaは現在HUZI SHOPで購入できるようです。

Lost in Sofa for kids

さすがに、ちょっと無理があるんじゃないかと思われていたコーヒーカップが挟み込まれています。素晴らしいです。

しかし、子供用なので、遊びでこの隙間にいろいろなものを挟み込まれてしまうかもしれません。でもこういった素晴らしいクリエイティブな作品を使用させることは、子供の創造力を掻き立てることはもちろん創造力を養わせることもできます。子供の将来にとって良いかもしれませんね。

Lost in Sofa for kids2

iPadも挟み込まれています。

Lost in Sofa for kids3

小さな正方形のキューブが何とも愛らしいソファーだと思いませんか。隙間からのぞく水色の生地もまたいいですね。

Lost in Sofa for kidsは現在以下のHUZI SHOPから購入頂けるようです。

LOST IN SOFA | huzi design

デザイナー:DAISUKE MOTOGI ARCHITECTURE 

参考:

DAISUKE MOTOGI ARCHITECTURE !