1. TOP
  2. 住宅デザイン
  3. これこそが究極のガラスの家。1階の床以外、家具も壁もお風呂もなにもかもが全面ガラス張りの家。

これこそが究極のガラスの家。1階の床以外、家具も壁もお風呂もなにもかもが全面ガラス張りの家。

glasshouse_01




これこそがまさに全面ガラス張りの家です。

glasshouse_01

この全面ガラス張りの家は、イタリアのミラノを拠点に活躍しているデザイン設計事務所Sntambrogiomilano(サンタンブロージョミラノ)のSIMPLICITYのコレクションの中のひとつです。

創設者のCarlo Santambrogio氏とデザイナーのEnnio Arosio氏のコラボレーションによってこれらのガラスシリーズは生まれたようです。

glasshouse_02

床以外すべてガラス張り、中からも外からもすべて丸見えとなっています。透明なガラスなので少しわかりづらいですが、奥には階段、手前にはキッチンと本棚があります。

階段とキッチンをまず詳しくみていきましょう。

glass house series3

こちらが実際の階段。なんでも厚さ30ミリメートルのガラスを組み合わせることでこれらのガラスシリーズをつくっているとのことです。

ガラスはガラス素材で世界的に有名な企業Saint Gobain(サンゴバン)社のものを利用しているそうです。

glass house series4

上から見るとその透明なガラスの美しさに心酔してしまいます。透明ならではの質感。非常に美しいと思いませんか。

glass house series5

横から見るとこんな感じ。昇り降りするのに勇気がいりそうですが、丈夫なガラスだということでそこは信頼せねばなりません。

glass house series6

続いてキッチンです。透明な質感が素晴らしい。

glass house series7

ここが調理スペースです。奥のガラスに反射して調理スペースが映し出されています。全面ガラス張りのキッチンに銀色が映えますね。

glass house series8

テーブルと本棚が設置してあります。どうやらここはダイニングスペースのようです。全面ガラス張りならではの壮大なる世界が広がっていますね。

続いてガラス張りのテーブルと本棚を細かくみていくこととしましょう。

glass house series9

こちらがガラス張りのテーブル。なんとも不思議な感じがしますね。

glass house series10

すべてがガラス張りで出来ているということもあり、扱いには注意が必要かもしれませんね。

glass house series11

しかし他に類をみない美しさ。ガラスの魅力を存分に引き出しています。重ねあわせたガラスの面も非常に美しいですね。

glass house series12

続いてガラス張りの本棚です。棚までガラスでつくってしまうとは・・・SIMPLICITYシリーズはガラス好きにはたまらないコレクションですね。

glass house series13

本棚の一部をアップしてみるとこんな感じ。透明なガラスが重なることにより、淡いエメラルドグリーンの色合いを解き放っています。

glass house series14

横から見たらこんなに細い。これでもしっかりと支えてくれるのだと言うのですから驚きです。

glass house series15

本が落ちないようにスライド式の、ガラスカバーのようなものの設置も可能みたいですね。

glass house series16

こちらは全面ガラス張りのベッドルーム。手前にはベッド、奥にはソファーがみえますね。またここは二階なのですが、透明なガラス張りの為、一階の模様が床越しにのぞけるようになっています。

glass house series17

ベッドの写真です。ガラス張りのベッドに黒のマットレス。色のバランスが絶妙で異彩を解き放っています。

glass house series18

ベッドを正面から見るとさらに美しい質感に。艶やかというのでしょうか。吸い込まれてしまいそうです。

glass house series19

こちらはまた違ったタイプのベッドみたいですね。このタイプのベッドも美しいですね。

glass house series20

正面から見るとこんなんです。

glass house series21

続いてソファ。ソファももちろんガラス張りです。

glass house series22

3人がけにしてみました。

glass house series23

ちょっと頼りない感じもしますが、きちんとソファーとして機能します。

glass house series24

背もたれの部分が階段のようになっていますね。素敵です。

glass house series25

こちらはベンチ。長いガラス板を使用しています。

glass house series26

よくみるとガラス接続部分には金属のようなものが設置されています。

glass house series27

この銀色の金属の質感もまた、ガラスの板にマッチしていますね。

glass house series28

奥にみえるのは浴槽のようです。続いて浴槽をみてみましょう。

glass house series29

こちらが浴槽です。やはり床以外は全面ガラス張り。ガラスに対してのすさまじい執念のようなものを感じます。

glass house series30

ガラス張りの浴槽を正面から見るとこんな感じに。一度入ってみたい気もします。

glass house series31

こちらがガラス接続部分。お湯がもれないようにしっかりと金属絵留められています。

glass house series32

リビングルームです。ガラス張りのため、さんさんと光る太陽の光が眩しいですね。

glass house series33

そしてこちらがランプ。キャンドルのような・・・アーティスティックなランプです。

glass house series34

正面から見るとこんな感じ。

glass house series35

ガラスの質感がたまりません。

glass house series36

リビングを違う角度からみてみました。

glass house series37

公式ページによるとこちらもテーブルと記載があります。

glass house series38

ガラスに当たった光が反射し美しく照り輝いています。

glass house series39

アップしてみるとこんな感じ。

glass house series40

さらにアップするとこんな感じです。切断部分がまぶしいですね。

glass house series41

う〜ん当たり前ですが、本当にガラスばかりです。

glass house series42

不思議なことに、本棚やソファーが設置されているのにも関わらず、まるでカメレオンのように身を隠すよう自然の中に溶け込んでいます。

glass house series43

なお、このガラスの家はデザイナーが手がけたコンセプトハウスということで実際に建てられ住んでいるということではないようです。

ただ、紹介したベッドやソファーなどの家具類は実際に販売されているものだそう。

興味があれば、現在ミラノとロンドン、それにニューヨークにもショールームがあるようなので足を運んでみてはいかがでしょうか。

設計事務所ホームページ:santambrogiomilano

 

ONE PROJECT編集部 オススメ記事:

・世界中の住宅建築を知り尽くした住宅建築のプロによる、世界に一つだけのこだわりの家のつくりかたを探している方はこちらの記事を合わせてお読みください:理想の家づくりに向けて

・世界中の住宅建築のデザインをお探しの方は合わせてこちらをお読みください:世界の住宅建築

 

参考:

| Dedece Blog | Salone Milan 2010 – Glass House by Santambrogiomilano |

Glass Home Design by Santambrogiomilano | Bhouse

santambrogiomilano: glass house series

Glass Concept Home by Santambrogiomilano | Apartment Therapy