1. TOP
  2. MAC
  3. MacBookAirの充電回数は何回までイケるのか?MacBookの充放電回数の確認方法とMacBookAirのバッテリーを長持ちさせる方法。

MacBookAirの充電回数は何回までイケるのか?MacBookの充放電回数の確認方法とMacBookAirのバッテリーを長持ちさせる方法。

apple__info




現在販売されているMacBookAirのバッテリー充放電の回数は1000回といわれています。つまり、現在MacBookAirに搭載されているバッテリーは1000回ほど充電できるということになります。

またAdaptive Charging(アダプティブチャージング)技術を採用することでバッテリーの劣化が軽減され最長で5年間使い続けることが出来ると公式サイトに記載があります。

アップル – バッテリー – Appleのノートブックコンピュータ

 

Appleの公式サイトによると、それ以降はパフォーマンスが落ちてしまうということで、交換を検討した方が良いとのことです。

ただ充放電のカウントの方法が少し違い、単純に充電をした回数ではなく、継ぎ足し充電によるものとなっているようです。

つまり、バッテリーの残量が80%の時に充電したとすると、20%分の継ぎ足し充電ということになります。

つまりこの時点では、充電回数が一回とカウントされません。次に残量が60%の時に充電をすると40%分の継ぎ足し充電となり、先ほどの20%分と合わせると60%分の継ぎ足し充電になります。

次の日にバッテリー残量60%の時に充電をすると、40%分の充電ということになります。前回までの60%と今回の40%を足すとちょうど100%になるのでこの時点で一回分とカウントされます。

バッテリーの充放電の回数が1000回といってもいちいち自分でカウントする訳にはいきません。

ではどのようにしてカウントすれば良いのでしょう。簡単に説明します。

MacBookのバッテリーの「充放電回数」確認方法

MacBookAirの充電回数

1、まずはディスプレイ左上のAppleのロゴであるリンゴマーク「」をクリックします。

MacBookAirの充電回数

2、次に 「このMacについて」をクリック。

MacBookAirの充電回数

3、上のような画面が出てきますので、「詳しい情報」をクリック。

MacBookAirの充電回数

4、次に 「システムレポート」をクリック。

MacBookAirの充電回数

5、「▼ハードウェア」内の「電源」をクリックし青反転させます。そうしたら、右の画面内の「状態情報」内の「充放電回数」の右横の数字を確認します。

この画面上では「74」と記載があります。私の使用しているMacBookAirですと単純計算であと、926回の充放電が可能ということになります。

お手持ちのMacBookによって、充放電の回数は違うようですので、気になる方はAppleの公式サイトでチェックして下さい。下までスクロールすると確認頂けます。

充放電の回数のチェックはこちらから:Mac notebooks:バッテリーの充放電回数を確認する

また、バッテリー交換の料金などはこちらから確認頂けます。

アップル – サポート – サービス回答センター

バッテリーを長持ちさせる為には

MacBookのバッテリーの持ちを長くさせるには以下のApple公式サイトをご覧頂くと載っています。

アップル – バッテリー – Appleのノートブックコンピュータ

Apple公式サイトによると、ノートブックコンピュータのバッテリー駆動時間(充電が必要になるまでの動作時間)とバッテリー耐用年数を最大限に延ばすコツは、充電と放電を繰り返す使い方のようです。

つまり、理想的な使い方は通勤時の電車でMacBookを使い、オフィスについてから充電するという利用方法だとのこと。さらに毎月最低一回は、充放電することが大事と記載があります。

最適に動作する温度範囲は10℃~35℃で、保管場所の適温範囲は-25℃~45℃、理想的な保管時の室温は22℃とのことです。

 

参考:

Mac notebooks:バッテリーの充放電回数を確認する

アップル – バッテリー