1. TOP
  2. 住宅デザイン
  3. 世界一の狭小住宅。狭い路地につくった狭小住宅の横幅はなんと122センチメートル!

世界一の狭小住宅。狭い路地につくった狭小住宅の横幅はなんと122センチメートル!

世界一の狭小住宅Keret House3





世界一の狭小住宅が、ポーランドのワルシャワに建設されました。どれくらい狭いかというと、なんと一番広いところでも横幅が122センチしかないそうです。

計画の段階では、一番狭い場所で92センチメートルで一番広い場所は152センチメートルでしたが、実際に建物をたててみると、一番狭いところは72センチ、一番広いころでも122センチとなってしまったとのこと。

建物の名前はKeret House。建築事務所CentralaのJakub Szczesnyさんによって設立されました。

世界一の狭小住宅1

世界一の狭小住宅

上の写真がKeret Houseを建てる前の路地の写真です。そして下の写真がKeret Houseが建てられた後の写真。よくもこんな狭いところに住居を建てようと発想したものです。

世界一の狭小住宅Keret House3

世界一の狭小住宅Keret Houseの断面図です。この三角形の建物の高さは約10メートルもあるそうです。

そのうちの3メートルは、地上から建物を支える金属とアルミ製の支柱となっており、訪問者はまず、この建物に入る為に、階段を上らなくてはなりません。

世界一の狭小住宅Keret House4

実際の階段の様子です。世界一の狭小住宅Keret Houseが、いかに狭い住宅であるかがこの写真をみるだけでもわかります。

世界一の狭小住宅Keret House5

世界一の狭小住宅Keret Houseの家の中の様子です。左下に見える写真が階段となっており、むやみに人が入ってこれないように扉をたたむことが出来るようになっています。

階段をのぼるとすぐに、キッチンとトイレがあらわれます。それが左の上の写真になります。少しアップしてみましょう。世界一の狭小住宅Keret House6

左側がキッチン。右側がキッチンのさらに奥にあるトイレです。こうしてみると、こじんまりとした空間によくおさまっていることが確認できます。

世界一の狭小住宅Keret House7

ここが世界一の狭小住宅Keret Houseの階段を昇った2階になります。手前側に書斎、その奥にあるのが寝室です。こうしてみると意外にも広く感じることが不思議です。

世界一の狭小住宅Keret House8

世界一の狭小住宅Keret House9

世界一の狭小住宅Keret Houseの設計図です。

実際にこの建物を設計した建築家のJakub Szczesnyさんは設計をした際、こんな狭小住宅に住めるはずがないといっていたらしいのですが、実際につくってみると、意外と住めることに気がつき同時に、この建物は住居としての可能性を広げたといっているそうです。

この建物には最低でも2年間は住むとのことです。もし居心地がよければそれからも住むことを考えているとのことですが、こんなに狭い狭小住宅でも人は住むことができるのですね。

世界一の狭小住宅Keret House10

実際に人が世界一の狭小住宅Keret Houseに入ると上の写真のような形になります。

建築事務所Centralaのホームページは以下からご覧頂けます。

Dom Kereta / Keret House
http://centrala.net.pl/our-work/keret

 

ONE PROJECT編集部 オススメ記事:

・世界中の住宅建築を知り尽くした住宅建築のプロによる、世界に一つだけのこだわりの家のつくりかたを探している方はこちらの記事を合わせてお読みください:理想の家づくりに向けて

・世界中の住宅建築のデザインをお探しの方は合わせてこちらをお読みください:世界の住宅建築

 

参考:

Polish Architect Builds World’s Thinnest House | Amusing Planet
http://www.amusingplanet.com/2012/10/polish-architect-builds-worlds-thinnest.html