1. TOP
  2. 世界の町並みや風景など
  3. 300個ものヘリウムガスの入った風船を使い、カールじいさんの空飛ぶ家を本当に実現してしまった人たち。

300個ものヘリウムガスの入った風船を使い、カールじいさんの空飛ぶ家を本当に実現してしまった人たち。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家13




カールじいさんの空飛ぶ家といえば、冒頭の10分間の映像が涙を流すほど素晴らしいと各紙で絶賛、その冒頭10分間の映像はアニメーション映画の最高峰と言われて久しいですが、なんといっても、この作品のみどころは、風船によって自由に空を飛ぶ家です。

この映画をみて、「私も空飛ぶ家に住んでみたい!」と思った人はたくさんいらっしゃることだと思います。

なんとカールじいさんと空飛ぶ家を実際に現実のものとして再現してしまった人たちがいます。アメリカ人は考えることが違いますね。

National Geographic builds Pixar’s Up floating house | Gadling.com

Up-Inspired Floating House (14 photos) – My Modern Metropolis

そんな空飛ぶ家を実際に実現してしまったのは、ナショナルジオグラフィックとその技術者たち。このプロジェクト自体もアメリカ人らしい非常に面白い発想だと思いますが、本当にこの家飛んじゃってます。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家1

用意されたすべての風船にヘリウムガスを入れ、空飛ぶ家の準備をしています。風船の色も非常にカラフルです。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家2

用意された空飛ぶ家の大きさは 16フィート四方(約5メートル)、高さは18フィート(約6メートル)。風船も含めた高さは一般的なビル10階建て相当だそうです。空飛ぶ家の実験機はロサンゼルス東の民間飛行場から離陸しました。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家3

「EXPERIMENTAL」試験飛行という張り紙を貼っています。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家4

映画のカールじいさんの空飛ぶ家とは違い、中身は計量かつ質素なつくりとなっています。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家5

空飛ぶ家の中からのぞいた風船たちです。カラフルな紐の先に、カラフルな風船が括り付けられています。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家6

「準備OK」と演説をしているのでしょうか。いよいよ空飛ぶ家が、空を飛ぶ瞬間がきました。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家8

空を飛ばないように、括り付けられていたロープをはずします。空飛ぶ家の中には2名のパイロットならぬ住人がいます。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家9

空飛ぶ家が飛び立ちました。ようそろ〜〜!

本物のカールじいさんの空飛ぶ家10

無事に帰ってくるよと手をふっています。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家11

空飛ぶ家が空を飛んだ瞬間です。・・・本当に飛んでますね。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家12

空飛ぶ家はぐんぐん空高くのぼっていきます。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家13

・・・本当に大丈夫でしょうか。心配になってきました。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家14

・・・想像以上に高く上がってしまいましたね。

本物のカールじいさんの空飛ぶ家15

追ってでしょうか?空飛ぶ家の背後に気球のような乗り物が確認できます。結局空飛ぶ家は、このまま上空1万フィート(約3キロ)の高さまで達し、1時間以上飛行したのを確認できたとのことです。

動画も載せておきます

なお本家ナショナルジオグラフィックチャンネル内のコンテンツ「How Hard Can it Be?」でも空飛ぶ家の設立の様子が映像として残されています。

A House in Flight | National Geographic Channel