1. TOP
  2. コラム
  3. Facebookの「いいね!」の数やTwitterの「フォロワー数」などは簡単に売買できてしまうという事実。

Facebookの「いいね!」の数やTwitterの「フォロワー数」などは簡単に売買できてしまうという事実。

Facebook




このニュースをみて、あなたは何を考えますか?

【書考空間】ソーシャルもうええねん(著:村上福之) | TIME LINE-今日のニュースと考えるヒント – TOKYO FM 80.0MHz
http://www.tfm.co.jp/timeline/index.php?itemid=59742&catid=1485


【書考空間】ソーシャルもうええねん(著:村上福之)

アルファブロガー・アワード2011を受賞した、村上福之氏の5年分のブログ記事をまとめた本書。まず、帯にインパクトのある言葉が並んでいます。
表の帯には、「ソーシャルなんて嘘ばっかりだ!!つくられた情報に踊らされない思考術」。そして、裏の帯には、「この世には、誰もがウソとわかっていても、誰もつっこまない数字が3つある。1つは、中国のGDP、もう1つは、デーモン閣下の年齢、最後のもう1つは、Facebookのユーザー数だ」。

この帯が示すように、著者によると、Facebookのユーザー数には様々な疑惑があるようです。たとえば、「綾波レイ」で検索すると、1万人以上の登録者が出てきたり、近年、生活困窮者が増加するアルゼンチン人の半数近くがFacebookユーザーだったり。
Facebookへの疑惑はユーザー数だけでなく、「いいね!」の数にも向けられています。「いいね!」は、2010年ごろからネット上で売買されるようになり、販売価格は、「5000いいね!」が199ドル(約1万6000円)なのだといいます。
ちなみに、TwitterやYouTubeも同様で、Twitterのフォロワーは5000人で43ドル(約3800円)、YouTubeの再生回数は再生数5000回で28.55ドル(約2300円)で買うことができるそうです。
ここから分かることは、今は「SNSで話題の○○」という情報を意図的につくれてしまうということです。たちが悪いこと、この上ありません。

「YouTubeで○万回再生!話題の動画」、「Facebookで話題の○○」といった情報に踊らされている人にはぜひ読んでほしい一冊。SNSが発信する情報の中に混入しているウソや危うさが痛いほど伝わるはずです。

 

SNSの代表格FacebookやTwitterのフォロワー数そしてYouTubeの再生回数。実はこれ売買できます。私自身も売買できる話は以前から知っておりましたが、具体的な金額については知りませんでした。

販売価格は、「5000いいね!」が199ドル(約1万6000円)なのだといいます。
ちなみに、TwitterやYouTubeも同様で、Twitterのフォロワーは5000人で43ドル(約3800円)、YouTubeの再生回数は再生数5000回で28.55ドル(約2300円)

以外と安価で売買されているのだなと思いませんか?。Facebookの「いいね!」の数が異常に多い人や、あんまりつぶやいていないのにフォロワー数が異常に多い人、そういう人はもしかしたらこういったサービスを使っているのかもしれませんね。

いずれにせよ、ソーシャルネットワークやり取りされている情報は、嘘やごまかしなど簡単に出来るということです。

関連記事:

Facebookが、音声通知に関する通知テストを実施中との情報が入ってきました | ONE PROJECT

Facebookに登録する8.7%は偽のユーザーとFacebookが発表していた。 | ONE PROJECT

Facebookに授乳中の写真を載せたら、Facebookのアカウントが停止になったというニュースをきいて思うこと。 | ONE PROJECT




photo by: west.m